ぬるでんぼう

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月15日の記憶

<<   作成日時 : 2015/07/31 23:46   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 戦争の末期、近いうちに重大発表があると云う噂があった。 果して 8月15日の正午に玉音放送が...。 雑音が強く内容はよく聞き取れなかったが、大人たちの様子から異様な雰囲気が伝わってきた。 ... この年には、8月の敗戦の日を境に その直前には原爆による被災があり、月末には米軍が進駐してきて 9月には連合国による戦争犯罪人の収監が始まった。 何れも国民にとっては未曾有の出来事の連続だった。 (玉音 ⇒ 天皇の肉声)

 原爆投下の日から 2ヵ月後の早朝、列車で広島を通った。 母親に起こされて車窓から見た光景は、朝霞のなか 見渡す限りの焼け野原の連続だった。 原爆の被害について当時の新聞は、先ずは新型爆弾と報じたが、比較的被害は僅少と伝えた。 戦後も暫らくは新聞が被害の実態を詳しく報じるコトはなかった。 理由は、最初は日本軍の、 戦後は占領軍の検閲の為だった。 ... 広島市・長崎市の被災前の人口はそれぞれ 35万と 25万 だった、だがその年の年末迄に被爆による死者数は 14万と 7. 4万人 に達した。 70年後の今でさえ被災者は、被爆者健康保険手帳の保持者数でみる限り 尚 18万人もいる。 ... 1940年代当時、世界で原子爆弾製造の研究をしていたのは、米・英・独・ソ・日本だった、うち最も早く実用化に成功したのが米国だった。 実用化の順位次第では その後の世界地図が大きく変った可能性もある。

 原子爆弾の製造の方法は、今では図書館に行っても インターネットで検索しても容易に得られる。 それに依れば、 1945年8月に広島市に投下された原子爆弾は、核物質にウラン235 を使用し 製造はガンバレル型という比較的単純な構造の爆弾だった。 580m の高度で爆発したこの爆弾の核出力は TNT 爆弾換算で 16Kt の破壊力を持っていた。 (TNT ⇒2.4.6 トリニトロトルエンの略) 一方、その3日後に長崎に投下された原子爆弾は、核物質にプルトニウム239 を使用していた、構造はやや複雑なインプローション型。 530mの高さで爆発した爆弾の核出力はTNT換算で 22kt もの破壊力があったと云う。 この爆撃による被害の程度は、平地の広島市では爆心地から半径 2q 以内、また坂の多い長崎市では半径 1q 以内の建造物が全壊全焼だった。 広島ではその先 7q 以内が半壊半焼の状態だった。 ... 次の原爆投下候補地として京都、新潟、横浜、川崎など17都市がリストアップされていた。 この恐怖が終戦の決断に直接影響したコトは間違いない。

 2006年、朝日新聞が実施した東京裁判 60周年の世論調査では、既に 70%の人が東京裁判 (の内容) を知らないと答えた。 原爆に比べて関心が低かったのは 近代史の掘り下げ方に原因がある。 ... 日本国はポツダム宣言の受託を条件に連合国に対して全面降伏した。 1945年8月末に マッカーサー元帥が厚木基地に降り立ったのは、ポツダム宣言規定の完全履行を確認する為であった。 この規定の 10項に基づき 彼は 「極東国際軍事裁判所」 条例を布告、これにより東京裁判が始まる。 裁判の構成国は、米・英・ソ・中国・蘭・ニュージランド・カナダ・オーストラリア・インド・フィリピンの 10か国で、主導権は米国が握っていた。 だが、戦犯者の選定については各国それぞれに意見が異なり、ソ連・中国・オーストラリア・ニュージランドは天皇の訴迫を主張し、中国は満州事変以来指揮をとった近衛の引き渡しを要求、ソ連は戦犯の範囲をノモンハン事件にまで遡って裁く様に主張した、だが米国はこれらの主張を抑えて28人 (最後は25人) のA級戦犯を確定して起訴、東京裁判が開かれた。

 戦犯の起訴理由は、構成 10ヵ国の国家に対して、「 国際法並びに条約上の誓約」 を破って侵略戦争の計画〜遂行を行った罪であり、 @ は、平和に対する罪 (開戦の謀議と戦争遂行の罪)、 A は殺人、共同謀議の罪 (宣戦布告前の奇襲、俘虜・一般人の虐待と殺人)、B は、通例の戦争犯罪・人類に対する罪、...の3項目だった。 対象期間は、満州事変から支那事変、大東亜戦争、日独伊の三国同盟までだった。 裁判を通じて 戦勝国選出の検事・判事は強力で、日本側は弁護団の非力が目立った。 結果は、ドイツのニュールンベルグ裁判では絞首刑が12名、終身刑が3、有期刑が4、無罪2だったが、東京裁判はより厳しく 25名中、死刑7名、終身刑16、有期刑2、と全員が有罪にされた。 正に勝者による怨念の裁きであった。 ...また戦争犯罪は、何処の国でも国内法では裁く法が無いと云う、これも不思議である。 ... ドイツではヒットラーとゲーリングが自殺し、イタリーでは1945年にムッソリーニがバルチザンに捕えられ絞首刑にされミラノで逆さ吊りにされた。 日本では近衛、東条 (未遂) が自殺している。 ... 結局、国民自らの手で戦犯者を始末したのはイタリーだけだった。

 参考書 :
児島襄   東京裁判    中央公論新社

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい
8月15日の記憶 ぬるでんぼう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる