アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「言葉」のブログ記事

みんなの「言葉」ブログ

タイトル 日 時
日本語と国語
 日本の学校の授業には国語や英語の科目は有るが日本語という科目は無い。 20世紀の終わりの頃に国語に替えて日本語と云う名の科目を設置した公立の学校があったが、結局は上から睨まれたのだろう 今は無い。 ならば国語と日本語はどこが違うのか。 ... 国語とは National Language で一国を代表する言語のコト、我が国では日本語が国語になる。 だが実は 国語と云う用語は和製の造語でしかなく、他の英語圏のアメリカやイギリスなど、或いはアラビア語圏のサウジアラビヤや中東諸国には 日本の国語に相... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 13:55
英語の世紀 ...言葉F
 最近、幼稚園での英語教育が盛んである。 これから日本語を覚えようと云う園児に 同時に英語も教え込もうと云うコトか。 この英語教育、実は幼稚園側の定員割れ防止の為の経営政策の一環なのだが、親の方も 「英語の世紀」 の到来を見越してか歓迎する向きが多い。 ... 英語の世紀とは、英語が民族や国家の個別の言語を超えて 広域に世界語化して通用するコト。 昔から 大学では第二外国語としてドイツ語、フランス語の何れかを履修させて来たが、それは英独仏の三大言語が かって世界語だった時代の名残りである。 ..... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/30 21:57
詠み人知らず
 「 詩は酒の肴になる... 」、 既に故人となられた文芸評論家の丸谷才一氏と文学者 吉田健一さんの間で交わされた言葉である、... 何とも優雅な会話だ。 二人で詩の楽しみ方を示唆してくれている様で面白い。 勿論、此処で云う詩とは Poem のコト、短歌や俳句ではない。 西洋の詩には 一定の形式と規則的なリズムから来る開放感、個人の力強い感情を喚起する手法・様式がある。 ... 案外、こんな開放感に満ちた詩心が 酒の肴に合うのかも知れない。 ... 一方の 短歌や俳句には 人との繋がりがあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/30 21:44
エッセイか 随筆か
 月に2回、1800 字前後の短文を書いて Blog に載せている。 だが時々、この書き物は一体何なのかなと自問してしまう。 ...果して随筆なのか、小論文なのか、或いはエッセイなのか? ...元々 エッセイには 「試論」の意味もあり これが一番近いのかな と思ってはみたが、 Blog上では自分の主張や意見をなるべく控えているので、これは当て嵌まらない、 ....では今まで書いてきた文章は単なる作文〜散文でしかないのか? ...否.。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/15 21:30
仮名遣いの変遷
 春とは名のみか、風は冷たく陽は弱い。 ...そんな中、朝のTVは南国の菜畑に舞う 「蝶」を放映していた。 そう云えば今週の何日目かは啓蟄の日だった、...うちの庭先に住むヤモリ親子もそろそろ姿をみせる頃だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/15 00:02
言葉 その裏と表
 かなり前の話だが、...西安の夜店で買い物をしていたら突然 隣の客から、あなたは山口百恵を知っているか と聞かれてビックリしたコトがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 00:06
言葉T 表現と工夫
言葉T 表現と工夫  大阪の道修町と云えば 江戸時代から続く薬品問屋の街。 以前、出張するなら是非 ここを訪ねて見てはと紹介されていた会社があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 08:39

トップへ | みんなの「言葉」ブログ

ぬるでんぼう 言葉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる