陰陽道の盛衰

 陰陽道は、1872年 (M5年) 明治政府により迷信だとして廃止させられたが、敗戦後の新憲法の下、再び神道の一派として甦った。 呪術・霊法については昔から 人それぞれに受け止め方には温度差があった。 あの清少納言は枕草子の 131段で、 陰陽師が賀茂の河原で声高に呪いを避ける禊祓いをする様を眺めて 清々しいと評したが、 14世紀に徒然草を書いた兼好法師は、神職の家に生まれながら俗信を好まず、赤舌日を批判し妖しげな話に係るコトは無かった。 現代でも、人は大安・仏滅には縁起を担ぎ、年末には忌中の挨拶状を配り、節分には恵方巻きを食する。 ... さて、かく云う 「陰陽道」とは科学なのか、それともオカルトなのか?

 7世紀後半、第40代の天武天皇は内裏に陰陽寮を設立して風水術、天文術、暦術を履行させた、これが我が国における制度としての陰陽道の始まりである。 日本書紀の 675年(天武四年一月五日)の項に、内裏に占星台 (天文の観察と吉凶の占いをする) が建てられたとある。 平安時代には、中務省の中に陰陽寮を設けて陰陽・暦・天文・漏刻 (時刻) の 4 組織が置かれ、官選の陰陽師は国家の管理下に組み入れられていた。 陰陽師の業務の内容は、占術・地理風水・天文観測・暦 を執行するコトだった。 天皇の譲位の日取り等も決めてはいたが、彼らの活動内容の全貌は国家機密に属する部分もあり、公式記録は殆ど残されていない。 ...平安時代に京の都を襲った天災や疫病の流行は当時は 「鬼」の仕業として恐れられていた、仏教や神道でさえ恐怖を癒せなかった人々を陰陽師たちは道教的手法で慰撫し京の町の秩序を維持した。

 陰陽、...読み方は 「おんよう」 「おんみょう」 何れでもよい。 ...陰陽道は、古代中国で生まれた自然哲学の思想であり、陰陽五行説を基本とする自然科学と呪術の体系である。 だが、本場の中国では陰陽道は 1000年以上も前に道教や儒教に取り込まれてしまい、消滅して今は無い。 一方、日本では天武天皇の時代に、道教と古神道をベースに新しい陰陽道が創始され、以後 独自の発展を遂げて次第に人々の意識の中へと浸み込んでいった。 ...結果的に、古代中国の陰陽道が儒教や道教の中で純粋に天文学や暦学へと技術的に進化して行ったのに対して、日本では占術や祈祷、それに禊祓い等の方が重視されて、呪術的イメージが卓越した。 ... 陰陽道自体は宗教ではない、従って神道同様に教義は無い、基本になる陰陽五行説は世界は火・水・金・土・木の五つから成立っていると考える、更に、この世は例えば 光と闇・地上と宇宙と云う様に相対している、だから天空で異常が起こると地上にも禍が生ずると考えた。...その為に天文学・星座の動きを重視し、変化の予兆を研究していた。...陰陽道は、天文学を基本に据えているので、方法論的には...部分的にせよ? 科学であった。

 9 世紀頃の日本の脆弱な天文学・暦学を補ったのはインド占星術の流れを汲む宿曜道だった。 これは円仁や空海が招来した宿曜経に由来するもので奈良の興福寺を中心に密教僧によって研究され、南北朝時代まで天文学や暦学に大きな影響力を持っていた。 特に、日食・月食・閏月・大月・小月などの計算に長けていたと云う。 これに対して 10世紀に陰陽道・天文道・暦道を究めたのが、賀茂の忠行、保憲親子であり、その弟子には占術に卓越した才能を発揮した安倍晴明がいた。 ...以後、政情不安の続く平安~室町期には、賀茂・安倍の両家が二大宗家として官の陰陽道を支配した。 しかし応仁の乱で公家世界は弱体化し、賀茂家は断絶、安倍家も豊臣秀次の企てに関与したとして追放され、更には1568年 (永禄11年) 8月の月食の予測に失敗する等あって次第に陰陽道は衰退していく。

 陰陽道の体系の中で 今なお機能しているのは、暦と地理風水 (地相、家相)の二つ であろう。 ...江戸幕府の南光坊天海の施した地理風水に従えば、東京で 「地相」 が最も良い場所は皇居であり、これに続く一等地としては江戸時代から現代に至るまで 目黒区中目黒、文京区目白台、文京区本駒込など、...が挙げられている。 これ等の一等地には夫々、目黒不動、目白不動、目赤不動など...、五色の不動尊が配置されており、五行の方位には必ずしも合致しないものの、江戸発展の要として陰陽五行思想に基づいて人為的に置かれていた。 ... だが考えてみれば、例えば 文京区本駒込は、6万年前の荒川河床の上に火山灰が堆積して出来た本郷台地の上に在る。 ここでは昭和 49年に都立駒込病院横で縄文遺跡が発見され、本駒込 1丁目には曙古墳 (円墳) が、3丁目には縄文遺跡が、富士神社には前方後円墳跡が残されている。 ... と云うコトは、本駒込地域は、陰陽道などに頼らずとも今から 1万8千年前の昔から人が住むには格好の台地だったコトが分かる。

 更にもう一つ、陰陽道の中で 現代にも繋がる部分は地震予知に就いての知見であろう。 古来より、陰陽道では太陽と水、金、月、地球、火、木、土、(天王星以遠は発見されてなかった?) の惑星の位置関係で地震などの災厄を予兆してきた。 つまりは、地球を中心にして太陽と他の惑星が どの様な配置になった時に、この世に異変が起きるのかを経験的に見定めるマクロの天文術で天災を予兆していた訳だ。 今も遠州灘に面した掛川市の在に安倍晴明 所縁の晴明塚がある。 津波被害を避けるための祈祷塚と聞いたが、もっと大きな塚を造っていれば、或いは大津波の際の避難所になっていたかも知れない。 ...現代科学でも月と太陽の引力が引き起こす潮汐力が、固体地球の弾性変形を引き起こして地震発生の引き金になるのでは、...と云う研究が続けられている。 時代の隔たりはあっても 昔と今の何とも面白い廻り合わせである。 ...陰陽道は この様に科学の一面も持ち合わせていた訳だ。

 参考書 :
戸矢 学   陰陽道とは何か   PHP新書
繁田信一   陰陽道      中央公論新社 










































































































































































































































































































































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック