暴れ梅雨に思う

 明日から梅雨入りですよと発表は有ったものの今朝の天気は未だ晴れ、白い雲の間からは陽が射し込み 時々強い風が庭を吹き抜けていく。 ... 梅雨とは初夏に降る雨を云うが、例年 梅雨の終わりの6月末から7月に掛けては全国各地で大きな水害が起きている、特に西日本で多い。 水田に使う水は有難いが 毎年起きる梅雨の末期の水害には困ったもの。... だが一方で人は初夏の候に降るこの雨に 、梅雨とか五月雨とか雨の降りように合わせて独特の名前を付けて 雨と向き合い乍ら共存を計ってきた。「春雨じゃ、濡れていこう」の月形半平太のセリフは人と雨とが一体化した構図であり、また白楽天の詩の 「廬山雨夜草庵中」は 人は家の中にいて外に降る雨の音を聞くという雨を聴覚化した構図である。

 季節と雨の関係は現実には厳しいものがあるが、それでも季節ごとに降る雨には降り方に特徴があり 逆に降り方を云えば季節を想像できる場合もある。 日本人は そんな目線で雨と関わってきたわけだ。 表現は地方により若干異なるが、夏になる頃に降る雨は 梅雨、五月雨、穀雨などと呼び、真夏に激しく降る雨は夕立、秋にしとしと降る雨は秋雨、冬にザーッとくる雨は時雨(しぐれ)等と表現してきた。 季節と雨の降り方はいろいろで、中には文学的な? 名前も付けられている。 そのうち梅雨に関するものだけを拾ってみても 曰く 梅雨晴れ、空梅雨、枯れ梅雨、戻り梅雨、暴れ梅雨、梅雨出水 などと多彩で、他にも昔は男梅雨、女梅雨等もあった、だが この語句だけは現在は使われていない。 他にも春雨(はるさめ)、糠雨(こぬかあめ)、梅雨闇など色々あるが、これらは俳句の季語に用いられたり歌曲で唄われたりしてきた。...いずれにしても梅雨と云う用語は季節そのものを指すが、何々梅雨と云う場合は雨の降り方を指す。予報では今年の梅雨は長そうで梅雨明けは何時の事やらと空を眺めるコトも多い。 今年の立秋は8月の7日、この日までに梅雨が終らなければ気象庁の「梅雨明け宣言」は自動的に無くなる。


 男梅雨・女梅雨に就いては倉島厚さんの著書「人生気象学」の中に詳しく載っている。その項の一部を引用させて戴くと...。 曰く、男梅雨はザアザア降りの陽性の梅雨で、女梅雨はシトシト型の陰性の梅雨とある。 前者は南の高気圧の線に沿って高温多湿の熱帯気流の流入時に現れる、西日本に多い、後者は北の高気圧から冷たい北東気流が流れ込んで来るときに現れる現象で、時期的には梅雨の前期に現れ北日本・東日本に多いとある。倉島厚さんのこの説明は、大変分かり易く且つ初夏の梅雨時の気候の全てを解説していると云ってもよい。


 少々クドクなるが、過去の日本には 男何々~女何々 等と云う訳のわからない仕掛けみたいな看板用語が処々にあった、結果 誰もがその何れかを選ばざるを得ない様な個所が時として 所どころに置いて有った。 ...ちょっと外れるが 先年、単身で奥武蔵の伊豆ケ岳に登った時もコースの途中に誰が付けたのか、男坂と女坂があり、いずれかを選んで登るようになっていた。 男坂のコースの方は、百メートル程の急坂で途中 に鎖場があり、その先には落石注意の表示があった。一方の 女坂の方は山を迂回するので少し遠回りになるが、より安全な登り道になっていた。...今の時代、こんな異様なコース名など廃止して もっとスマートな名称に変更するべきであろう。... 男と女の区別など、便所と銭湯だけで十分だろうに。


 誰もが知っている名句 「五月雨をあつめて早し最上川」 は、陰暦の梅雨のころの川の風景を詠んだものだから 新暦に直せば6月末頃の川の風景になろうか...。 最上川は総延長 230 kmの河川で日本三大急流の一つ、昔から舟運に利用されてきた山形県内を流れる一級河川であるが、水源から河口まで同一県内を流れている大河は国内でも珍しい。 ...この句の最初の 「五月雨(さみだれ)」と云う語句の最初の「さ」は、本来は田んぼの神様のコトであり、続く「みだれ」は 水が垂れる様を云う。 時代は変わっても本来の意味の方も是非 心に留めて置きたいもの。


  暴れ梅雨、6月末から7月に掛けての梅雨の終わり頃の河川の氾濫は、米作農業には勿論、社会インフラにも多大な災厄を齎している。災害は宿命なのか。 災害にあった 当の地域は、祖父の代にはどんな状態だった、いや江戸時代には、弥生時代には、...と調べていくとこの先、この地はどのように変わっていくのかが分かろうと云うもの。...大きなことを云う様だが 地球はこの百万年間、凡そ10万年周期で氷期(寒)と間氷期(暖)を繰り返しながら、実際には更に細かく周期変動を続けてきた。 一方、我々は現在 間氷期の最も温暖な時期にいるわけだが、地球物理的に見れば 今のこんな良い時代が何時までも続くわけではない。... 今後は地球の温暖化で気温は上がり続け、海水準は上昇し続けて、温帯型の日本の気候は 風雨のより強い熱帯型の気候へと徐々に変化していく。 今後 気候自体が大きく変化するのであれば、河川を改修して堤防のかさ上げをした位では水害は防げない。 自ら自分の住む地域の将来を見通すコトも忘れてはならない。



 参考書 :
稲田利徳  人がはしるとき  笠間書院




この記事へのコメント