本州中央部を横切るフォッサマグナ

  フォッサマグナとは本州の中央部を二つに分断する大きな地溝帯、具体的には関東甲信越に静岡の一部を加えた (但し、茨城・栃木は除く)広い地域である。その地溝帯の西縁をS字状に走る大断層が糸魚川静岡構造線(直線距離は250㎞)。その一方で地溝帯の東縁を区切る線は諸説ありで未だにハッキリしてない。 ...この大地溝帯を最初に発見してフォッサ…
コメント:0

続きを読むread more