テーマ:イタリア

♪ オペラ 「アイーダ」

 2013年9月のNHK番組、らららクラシックでオペラ 「アイーダ」の解説があった。 ...今年は この作曲者 J. ヴェルディ の生誕 200年目に当たり各地で記念の祭典が催されている。 ...彼は 19世紀イタリアのロマン派音楽の作曲家でオペラの作曲数は全 27、代表作に 「椿姫」 「ナブッコ」 「リゴレット」 「ドン・カルロス」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海難事故の怖さ

 2012年、新年早々にイタリアの豪華客船コスタ・コンコルディア号が座礁横転した。 現地はイタリア半島西岸の北緯42度、東経11度、水深25mのジオリ島沿岸の浅海...。 よくぞ11万5千トン、全長270m、喫水線8.2mもの巨船を こんな小島の浅瀬に接近させたものだ。 ...タイタニック号の事故が1912年だから丁度100年目の海難事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルネサンスを知る

 10日間のイタリア旅行を終え ミラノ空港へ向かうバスの中で、添乗員から 一番印象に残った町は何処?...と聞かれた。 皆夫々だったが、わたしはアッシジと答えた。 ...その街はローマの北方 180 km、 標高400m の丘の上に広がる中世の門前町である。  遠くから見るアッシジ (人口24千人) の街は、スバジオ山 (1300…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジプシーを知る

 短編映画 「ロマの少女・アンブラ12才の生活」を観る。 「ロマ」とは ジプシーが自らを称する言葉であり、それは ”人間” と云う意味である。 彼等への差別と虐待の歴史を思うとき、何故か空しく響く...。  ジプシーと聞けば、エキゾチックな音楽や踊りを連想する。 15世紀に彼等がヨーロッパやロシアに姿を現すと、人々は楽器奏者、踊り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捨てられた子供

 NHKの ”世界ふれあい街歩き” アッシジ編で、(中世に)子供を捨てる時に使った窓が紹介されていた。 これはイタリアの何処の都市にでもある子を捨てる時に使う仕掛けだが、どう云う訳かドイツの詩人ゲーテの 「イタリア紀行」にも、須賀敦子の「 ...全集第8巻 アッシジのこと」 にも触れられてない。  捨て子を収容する時の窓として、江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパの街から

 いま話題のミラノ・スタイル...、大人向けのちょっとカジュアルなオシャレ...、ファッションよりも寧ろ ”個”を主張する、そんな遊び心が素晴らしい。  ミラノの主商店街のガッレリア通りやモンテ・ナポレオーネ通りには、イタリアの高級ブランドの店が並ぶ。 男性にとっても、このファッション通りを廻る散策はそれなりに楽しい。 歩いていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花泥棒よ...。

 この夏に玄関脇の道沿いに 20株ほどの花を植えた、だが翌朝起きてみたら半分しか無い。 一本置きに (知能的に?) 抜き盗られていた。 その辺に棄てられた様子も無いので 花は何処かで大事に育てられているのだろう、...すこやかにと願う他ない。  かって自転車泥棒という映画があった。 第二次大戦後の貧困の中で生きる親子を描いたイタリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵に秘められたもの.?...

 最近 見た絵...、世界を絵図で表した 「マンダラ」、文字の読めない人々のために毎年作られてきた 「絵暦」、絵と詞書きで綴る 「絵巻物」、そして宗教的奇跡を描いたカトリック教会の 「ステンドグラス絵」等々...、絵に込められた思いやメッセージは 果たして我々に読み解けるものなのか...?  マンダラとは、数多の仏像を機能的・対称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杯は楽しく...♪

 最近は、齢の順でと 乾杯の音頭役を指名されるコトが多い。 義理で出席の場合はチョット困惑ものだが、仲間内での乾杯の儀は大いに結構である。  「乾杯の歌」と云えば 一つは有名なドイツ民謡、 ”...杯を持て、さあ卓を叩け...♪" .と響く合唱は歯切れがよく、勇壮である。自分なりに原語で歌えれば、より楽しいビールになること請け合い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地中海の町ピサ

 地中海 ! ...太古の地中海は横長の茶碗のような内海だった。 約2000万年前、ヨーロッパ大陸にアフリカ大陸が衝突して来ると 東西の両端は閉じられ、その間に大きな内海が出現した、最初の地中海である。 それは...。  ...深さ 1600m、長さは3200kmにも及ぶ長大な内海であった。 しかし、水分の蒸発に伴い内海は次第に縮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルプス越え...峠道の盛衰Ⅱ

 2007年、スイス保健省はデング熱を媒介する 「 ヒトスジシマ蚊」 を国内で発見したと発表...。 この蚊の生息範囲は温暖化で広がるばかり、いよいよ欧州アルプスをも越えたのか と云う感じだ。... 同国は北緯47度である。  欧州アルプスは伊、仏、独、墺など七カ国に跨る標高 4000m級の雪嶺の連なる大山脈 (延1200km) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラノを駆ける

 2015年の世界万博は Milanoに決定。 北イタリアの玄関 ミラノは人口130万、イタリア経済の中心であり、もう一つは AC Milan とインテルを擁するサッカー王国でもある。... 試合当日は、中央のドゥオーモ広場もサッカー場へと繰り込む若者達で何かとざわつく。  「最後の晩餐」はレオナルド・ダ・ビンチの傑作だが実物の絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代ローマ散見

 「ローマはギリシャを征服したが、逆に文化ではギリシャに征服された」 古代ローマの詩人ホラティウス (B.C100)の言葉、...薀蓄のある言葉だが、ギリシャ文化とローマ文化との違いは我々には何とも分かり難い...。  古代ローマ人の先祖はラテン系。 イタリア半島を南下してきた古代ローマ人は、B.C735年頃にはローマを流れるテヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の都 フィレンツェ

 イタリアで 入館時に空港並みの持物検査があるのは、重要美術品を抱えるフィレンツェの ウフィッツィ美術館と ローマのサン・ピエトロ大聖堂。 旅行中の時間は貴重なだけに これにはウンザリ...。  フィレンツェの ウフィッツィ美術館は、1591年開館の最古級の美術館、保有絵画は凡そ 2500点。 朝 8時半にオープンだが 内外からの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水の都ベネチア

 大型ボートにて W・Europa & Regina に到着、そこはベネティア中心のサン・マルコ広場に近い 内海に面した瀟洒なホテルの玄関だった。... 船着場からの一望の夕景は、思いなしか映画 「旅情」のあの遥かなるベネチアを彷彿させる。(Venezia 伊 = Venice 英)  着後、日本で長男が予約して置いたオペラ劇場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春のイタリア

 雨上がりの早春の太陽はどこまでも明るく、咲き乱れるアーモンドの花の白さは眩しさで一杯...。 イタリアの南端はアフリカ大陸の北端よりも南に位置すると云われると、何だか地中海性気候の真っ只中に佇んでいる様な様な気になってしまう...。  アッシジの丘一帯は、スバジオ山 (1300m)に繋がる古代からの城砦、いまも市民の多くが城壁の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリノに遊ぶ

 フランスのシャモニーから長いモンブラントンネルを抜けるとイタリアだ。 左手にはアルプスの山々が屏風のように迫って聳える。 いまオリンピックを前にして 現地は雪不足に悩んでいる。 今回アルペン競技の行われる会場はトリノ市の北方90km、アルプス南麓のスーザ渓谷付近に分散している。 例年なら 1~2mは積もる雪が今年は 60cmしかなく急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more