テーマ:音楽

バロック音楽を愉しむ

 1600年に ベネティア共和国で初めてオペラが上演された、ヨーロッパは これを機にバロック音楽の時代へ突入する。 ... バロックとは、当初は大げさで仰々しく誇張され目立つものとして 稍々ネガティブな意味で捉えられていたが、結局はその侭 17世紀から18世紀半ばに掛けての芸術、とりわけ絵画、建築、音楽等の時代様式を表す言葉として定着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶と弁才天の話

 冬晴れの一日、東京上野の東照宮境内で薩摩琵琶の演奏を聴く。 参拝客や外人観光客がカメラを手に行きかう道の直ぐ脇の会場では、敦盛や黒田節....、が演奏されていた。 私にとっては、最後の琵琶法師と云われた山鹿良之さんの 「俊徳丸」 を C D で聴いて以来の琵琶の音であった。 弦をはじいて音を出す琵琶の音色は独特の澄んだ響きと余韻が何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古の芸能にみる

 日本の伝統芸能と云えば中世では能楽と狂言、近世では人形浄瑠璃と歌舞伎であろう。 これ等の伝統芸能は今では何れも無形文化財となり、夫々が専用施設、能楽場、国立演芸場、文楽劇場、国立劇場等を持ち、国の保護を受けている。 ... 今回は故あって人形浄瑠璃の経緯をたどってみたい...。 人形浄瑠璃文楽は 2009年にユネスコの無形文化財にも登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ J-POP に演歌

 いつも分かり難いのが、① 流行歌、② 歌謡曲、③ 演歌に ④ J-POP の違い。 調べてみたが、人により定義も範囲も来歴も微妙に異なる。 勿論、相互間には同義の部分あり、重複する部分もありだ、...一度整理してみる。  先ずは流行歌。 理屈を云えば 平安時代に後白河法皇が編纂した 「梁塵秘抄」 も当時の流行り歌から選ばれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ ショパンの軌跡

 若干古いが 2013年9月の朝日新聞、 be ランキング 「 もしもピアノが弾けたら、あの曲を弾いてみたい 」 のアンケートでは、トップはベートーベンの 「エリーゼのために」 で、2位以下 10位以内には ショパンの 「 別れの曲・ノクターン 2番・小犬のワルツ・英雄ポロネーズ・幻想即興曲 」 の 5 曲がランクインしていた。 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶法師が支えた平家物語

 先般 或る歴史講演会で平家物語に絡む琵琶法師の話があった。 講師の兵藤先生の話では、琵琶法師は 1996年 (H8年) に最後の一人が亡くなり今はもう居ないと云う。 琵琶法師と云えば 13世紀以来、平価物語の演唱とは切っても切れない関係にあったが、実はそれ以前にも管弦を弾く琵琶法師は居た。 ... 蝉丸、諸説あって素性はハッキリしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ ピアノの音色

 楽器の発する美しい 「 音色 」 は人々を魅了して止まない。 音色とは、広辞苑に依れば 「音の強さや高さが等しくても、それを発する楽器の種類などによって違って感じられる音の特性」 とある。 同じ高さの音で、ピアノの 「ド」 と ギターの 「ド」 を弾き比べてみても 音色が異なる音は違う音に聞こえる。 音色とは、即ち音の質を表現する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ ハバネラのリズム

 音楽のレッスンで現在 ♪ハバネラ 「 カルメン 」 を特訓中。 ... 年初に読んだ本には 19世紀の哲学者ニーチェは、特にショパンや ビゼーの曲を好み 幻想即興曲やハバネラ「カルメン」 を自らピアノ演奏をしていた とあった。 その時はただ 19世紀にはこの様な曲が流行っていたのか、と軽く読んだだけだったが、元々ニーチェは ワーグナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノを弾いた哲学者

 2014年の暮れにヌーデルマン氏の著書 「ピアノを弾く哲学者」 の日本語版が出た。 先ずはと、図書館で検索したところ 何と横浜市の図書館は 23人待ち、川崎市の図書館は19人待ちだった。 市立図書館の蔵書はともに 2冊ずつ、本の貸出期間は 2週間なので凡そ半年待ちになる。 ... この本は題名がハイカラで、ピアノを介して哲学に近づけそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ 舞いと芸能神

 我が国 初の芸能神は アメノウズメノ命 (みこと) である。  天の岩戸 隠れの あのくだりで舞う魅惑の女神と云えば知らない人はない。 ... 戦前の人類学者・鳥居龍蔵博士は、1916年 (T 5年) に発表した論文で 日本人は古代アジアの主に五つの地域から移住してきた種族で構成される 謂わば混成の民族であると主張した。 ...その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪日本のわらべ歌

 わらべ歌は古くから子供達の間で口承されてきた遊びのうたであり、また親が幼子に唄って聞かせる歌でもあった、従ってイコール童謡ではない。 他にも童謡と云う文言は、日本書紀の天智天皇の項をはじめ他の古文書でも散見するが、古代の童謡は 「わざうた」 と読み本来は社会や政治を風刺する意図で作られる歌のコトで大人の歌だった。 下って 12世紀、平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ オペラ 「アイーダ」

 2013年9月のNHK番組、らららクラシックでオペラ 「アイーダ」の解説があった。 ...今年は この作曲者 J. ヴェルディ の生誕 200年目に当たり各地で記念の祭典が催されている。 ...彼は 19世紀イタリアのロマン派音楽の作曲家でオペラの作曲数は全 27、代表作に 「椿姫」 「ナブッコ」 「リゴレット」 「ドン・カルロス」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ ショパンを巡って

 夏の日の昼下がり、...恒例の大人だけの音楽会があった。 出演者には顔見知りの方が多く 「**** de Musique 」 のプログラムの下、演奏を存分に楽しめた。 続く 夕方からのパーティーも和気あいあいで話は弾み大いに 盛り上がった。 ... この日の話題から二・三 拾ってみる。  今回は何時もに比べてショパンの曲を弾いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ 西洋音楽の百年

 明るい陽ざしに誘われ久しぶりに近くを歩く、...暦は春なのに外の風は未だ冷たい。 ふと... 「♪ 春は名のみの~ ... 」 の唱歌が頭をよぎった。 この早春賦 (1913年/ T2年) の曲は、... 最初の出だしが Auftakt (弱起) で始まる 日本人には取っ付きにくい曲だが、しかし 3拍子の清楚な感じの曲である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ 音楽を愉しもう Ⅶ

 夏の高校野球では、試合終了後に校歌の斉唱シーンが放映される。 ...単調で どの校歌も似たり寄ったりのメロディー・歌詞は、聞かされる側の部外者にとってはウンザリもの...。 だが、とかく無表情の校歌も一旦勝利した側にとっては栄光の歌となり、歓喜の歌声に映えるから音楽とは不思議なもの...。  日本の小・中・高の各校は、夫々が自前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ 雨の日を愉しく

 雨の日を楽しく!... 2011年 の雨季のファッション・グッツは、明るくカラフルで柄はポップ、... 思わず 「ハッ 」 とする場面も。 若向きのレイン傘から パンプス、シューズ、衣類ではストールから レイン・ポンチョまでファッショナブルで利便性も結構高い、...ツイツイ明るさと豊富な品揃えには惹かれてしまう。  ... 雨に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ 最近の音楽事情

 「雨と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?」 ⇒ 某ウエブのコネタマ欄にこんな設問が載っていた。 ...若し、あなたなら?...と問われたら 私なら 「シェルブールの雨傘」 と答えただろう...。 曲はフランス北部の港町 シェルブール、...カトリーヌ・ドヌーブ扮する雨傘屋 の娘が歌って踊る カンヌ、グランプリ受賞のミュージカル作品だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ みかんの花咲く丘

 小田原のみかん山に登る...、晴れた日には目の前に広がる景色が明るく眩しい。 冬のみかん山では、花ならぬ 鈴なりの ”みかん” と、蒼い海の色が良く似合う。 ... 「♪ みーかんの花が咲いている~ 」.、3拍子のあの軽快なリズムが自然に頭を過(よ)ぎる。  敗戦後の暗い世相を 明るく変えてくれた最初の歌は リンゴの歌と、童謡 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪音楽を愉しもうⅳ

 ある福祉関係の会の 〆の挨拶でのコト、...目の不自由なピアニスト辻井さんの音楽番組ムソルグスキー作曲 「展覧会の絵」 の曲に触れ、彼が この曲を演奏をするに当たり、見えない10枚の絵を心にイメージする迄の苦労話をした所、後で何人もの人から私もあの番組を見ましたよ...と声をかけられた。 福祉指導に携わる先生方の普段からの障害者への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪音楽を愉しもうⅢ

 カリブ海に浮かぶハイチ。 ...2010年の地震で混乱が続くハイチだが、当地の民族音楽 ”ハバネラ” のリズムは 18世紀のハイチの独立革命を機に隣のキューバからヨーロッパを経てアルゼンチンへ伝播して当地で 「♪アルゼンチン・タンゴ」 として開花する、19世紀末のコトである。  名曲 La Paloma で知られる 2拍子のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪..音楽を愉しもう Ⅱ

 音楽の神?...と云えば、ギリシャ神話のアポロンだが ローマ神話ではアポロだ。 彼が生まれた時には、エーゲ海のデロス島では白鳥も歌い出したと云う程の人気者だった...♪ ..アポロは今では、ハーブ (竪琴)を抱えた若者像と云った方が分かり易い ...。  或る夏の昼下がり、大人だけの演奏会があった、...子供なしで心いくまで音楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪..音楽を愉しもうⅠ

 子供の頃は、家では学校の唱歌は歌わずに大人の歌ばかり歌っていた。 何故って? あの頃の唱歌は リズム感に乏しく...いや、ヒョッとすると専門家が指摘するように あの時代から、既に日本では 「子供の声の低音化」 (子供の声の音域の低下) が.始まっていたのかも知れない。  わが国に最初に西洋音楽を持ち込んだのは 安土桃山時代 宣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杯は楽しく...♪

 最近は、齢の順でと 乾杯の音頭役を指名されるコトが多い。 義理で出席の場合はチョット困惑ものだが、仲間内での乾杯の儀は大いに結構である。  「乾杯の歌」と云えば 一つは有名なドイツ民謡、 ”...杯を持て、さあ卓を叩け...♪" .と響く合唱は歯切れがよく、勇壮である。自分なりに原語で歌えれば、より楽しいビールになること請け合い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ 国歌の誕生

 国歌としての「君が代」。 1880年(M13年)に作曲され既に130年近くを経た君が代だが、国歌として法制化されたのは最近の1999年 (H11年)である。 ...国歌なんて敗戦後ズーッと、一般の人は歌うコトも聴くことも無かった、みんな国技館の千秋楽の歌くらいにしか思っていなかった。 それが突然、上から? の命令で強制的に歌えの、否 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more