テーマ:経済

貿易戦争から通貨戦争へ

米中の貿易戦争はこの 2月でそろそろ 1年になる。 この戦争の起因はアメリカ側の膨大な貿易赤字にあった。 2018年 1~11 月までのアメリカの貿易赤字の総額は 8061 億ドル ⇒ 89兆円、そのうち対中貿易の赤字は 3823億ドルで 50%を占める。 更に、米中の貿易比は 輸入で4:1、輸出で 1:4 と物量でも不均衡の幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸幕府の赤字体質

 江戸時代、特に後半の財政、経済、生活はどの様な状況だったのか、それはどの様に推移したのか? ... 国家社会の基礎を農業に置き重農主義を標榜した江戸時代に於いては経済の基盤は農業と農業生産物に置かれた。 徳川が関ヶ原の戦いに勝利したのが 1600年 (慶長5年)、その3年後に家康は全国制覇をして将軍位に就き江戸に幕府を開き、以後 26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Food Valley 時代

 近年、世界各地でフードバレーの開設が盛んである、日本も ( 国内向けが多いが) 例外ではない。 何々バレー (Valley⇒ 渓谷) の名は 1960年代以降、繁栄を続けた 米カリフォルニア州のシリコンバレー に肖った (あやかった) もの、今では集積度の高さをアピールする用語として使われる。 ...そのシリコンバレーは、地理的にはサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商店街の変遷

 わが国に商店街が成立したのは 100年前の 1920年代 (大正末期) である。 ....大勢が住む住宅地があって、隣接して最寄品 (日常使う商品) を扱う専門店が立ち並び、住民は日常的にそこに買い物に行く、そんな店の集まりが商店街であり、...門前町の土産物店通りや大都会の繁華街とは意味が違う。 そう云えば、1960年代までの大学に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化する路面電車

 2013年7月、名古屋市は 「路面電車の導入を検討」と発表。 ...JR名古屋駅から北東へ広がる市の中心域は、路面が比較的広く、空間体積も大で LRT (低床式次世代型路面電車)の導入には格好の環境にある。 新型電車の導入により各地域が連携して新たな町興しをと云う発想は時期的にも絶好のタイミングと云えよう。  路面電車は、市電と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軋む労使関係

 企業内の小犯罪事件、...如何せん 零細企業には事務職員が一人のみ という所が多い、片やそれを見透かすかの様に事務員によるコソ泥的犯罪も後を絶たない。...老店主の下で経理事務を任されていた某社員による現金横領、また某工場での税務調査時に露見した経理事務員のツマミ食い etc...。 偶然であろうが、本人らは何れも中年の中途採用の男女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンターの行方

 3Dプリンターが注目を集めたのは、2013年5月にアメリカの銃の製造団体が 積層造形による拳銃の製法をネット公開して以降である、因みに この時は日本からも数万件のアクセスが有ったと聞く。 ...1983年に立体造形機として特許を取得した 3Dプリンターの技術は、一部で航空機部品等の試作品製作などに活用されていたが、2009年に低価格の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム理論にみる

 ゲーム理論は、人間行動を解析する数学理論として誕生したが、現在では経済学をはじめ経営学や政治学等の社会科学や、心理学、哲学、倫理学などの人文学科で、更には生物学や物理学、工学などの理系分野でも応用研究されている。 ゲーム理論と云うと、一般にはトランプ・囲碁・チェス等の必勝法を研究する理論と思われがちだが、実は逸早くゲーム理論を採りいれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神社のマーケティング

 古代より天皇家の皇祖神として君臨してきた伊勢神宮だったが、平安末期から室町時代にかけて戦乱が続き 武家支配が続くなか 諸国に散在していた神宮所有の御厨 (みくりや⇒ 神宮の領地) は次々と押領され経済が立ち行かなくなった。 ...そこで発案されたのが、神宮の神徳を広く全国各地の各層に普及・浸透させるコトで収入を増やし経営の安定を図ろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金との出会い

 子供の頃だった、...一家団欒の夕食中に突然 「お金は要らないよ」 と呟きながら見知らぬ男が家に入ってきて玄関口に座り込んだ。 食べ物は要らないと云うので、父が何がしかの小遣い銭を包んで渡したら...受け取ったお金を懐に出て行った。 その間の我が家の空気は笑い事ではなかった(笑い)。  そんな出来事の後、いろいろ考えた。 ...…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倒産への岐路

 倒産とは、企業が債務超過に陥って業務が停滞する状態を云う。 この数年の中小企業の倒産件数は月に凡そ1,000件、負債総額はほぼ5000億円前後で推移した。 だが統計に含まれない消えた 「生業」を合算すれば実数は更に膨らむ。  過去、幾つかの企業倒産を見てきた。 うまく関連企業に本体を譲渡して名目だけでも倒産を回避した経営者、最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の古書店事情

 一時期、大型店の出店で店舗数が大幅に減少していた中小古書店が、最近また増加に転じた。 原因は、古書の仕入れ環境の好転とインターネット取引の好調拡大にある。 加えて、各地の古書組合がインターネット古書専門店にも組合加入への道を開いた事も大きい。 最近は電子書籍普及の影響も見え隠れするが、最終的には棲み分けになる可能性が高い。  最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業 再建と清算

 マクロの経済は好況であっても 個々の企業の台所事情は千差万別である。 だから倒産とか経営破綻が随時 発生してもおかしくはない。 一般的には、好況時の経営破綻には放漫経営に起因するものが比較的多いような気もする。 過日、某企業の清算に関与した、いま最強の戦略で対処している最中である。  倒産とか経営破綻とは 一般的には(法的ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市町村合併から

 「自主的な市町村の合併を推進しよう」 を旗印に作られた 合併特例法。 この平成18年3月を目途に平成の大合併が進行中である。  明治以降、3度の市町村合併の波があった。 最初の明治21年(1888年)時点では全国の市町村数は 71,314 であった。 しかし、その後の明治中期の合併指導でその数は 15,859 にまで減少した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり言だが

 2005年6月、政府税調から、旧法の社団、財団法人に替わって発足する仮称 「非営利法人」の税制部分に関する報告書がオープンにされた。 本来は課税の話などは 後日で済むこと、肝心の 「非営利法人法」の方は 今年度末の通常国会に提出の予定と云う。 現在では原案に未だ未定の部分が多く、早急な論議が待たれている法律である。  当初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more