テーマ:戦争

8月15日の記憶

 戦争の末期、近いうちに重大発表があると云う噂があった。 果して 8月15日の正午に玉音放送が...。 雑音が強く内容はよく聞き取れなかったが、大人たちの様子から異様な雰囲気が伝わってきた。 ... この年には、8月の敗戦の日を境に その直前には原爆による被災があり、月末には米軍が進駐してきて 9月には連合国による戦争犯罪人の収監が始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍師と参謀

 軍師とは、江戸時代に書かれた時代小説・軍記物・或いは講談などに 大将の補佐役として登場する創作された役職である。 戦争の無かった江戸時代には、講談では机上の兵法が語られ、小説では面白く創作された時代もの小説や戦記物が大衆の間で人気を呼んだ。 ...それらは例えば、太閤記本であり、将門記、義経記、曽我物語、清正記、山中鹿之助、...et…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屈辱の無条件降伏

 また あの日が巡ってくる。 ...そう、 建国以来 初の無条件降伏を甘受した屈辱のあの日のコトだ。 ...なのに半世紀余を経た今日まで 公には戦争責任の検証すら為されてない。 何故って?...それは当時の国民の多くが ”戦争”を選び参加したからである。  無条件降伏とは ” Unconditional Surrender ” の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗戦と戦争賠償

 2010年10月、ドイツは第一次世界大戦の敗戦で 課されていた戦争賠償金の支払を完済した。 戦争終結が 1918年 (T18年)だから支払には 92年の年月を費やした。...遅延の原因は ヒットラーはじめ西独、東独の夫々が賠償金の支払を拒否し続けた為である。...だが最終的には孫の世代が、前世紀の敗戦の代償を負担して終了した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本城と西南戦争

 ” あんた方どこさ、肥後さ、肥後どこさ、熊本さ...♪” 戊辰戦争のさなか 各地に駐屯した肥後出身の兵隊と町の子供達との やり取りの歌の一節である。 肥と火は同音、火山の国の熊本は律令以前は 火の国 と呼ばれていた。 ...そう云えば、有明海 熊本県八代の沖合いに灯る ”不知火” も火であった。  熊本市は東方の阿蘇外輪山か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジアの覇権

 東アジアとは日本列島から中国大陸を跨ぐ広い地域を指し、覇者とはその頂点に立った権力者? のコト...。有史以来、この地域では激しい覇権争いが繰り広げられ、民族は興亡を繰り返してきたが、...今も その構図は変わらない...。  古来より 中国大陸に強力な王朝が誕生すると、周辺の小国は 抵抗して消滅するか、或いは属国として生き残る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折れた刀

 子供の頃読んだ本に、日本刀と西洋のサーベルとの優劣くらべの話が載っていた。 内容は、並べられた3本のサーベルを日本刀で真っ二つに切断した云々...だった。 江戸時代、寛政の三奇人の一人、林子平も長崎の出島で同じコトを試したと伝わるが真偽は不明...。  日本刀もサーベルも本来は、護身と接近戦用の武器であるが、元々歴史も生い立ちも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争と子供

 アブラ蝉の鳴声が心なしか大きく響く。 8月は7日の立秋を挟んで、あと先に季語の原爆忌が並ぶ。 6日が広島、9日が長崎の原爆被災の日である。  第二次大戦による日本兵の戦死者・不明者は 230万人、民間人は80万人、計 310万人だった、この数字には空爆や原爆の犠牲者を含むが戦傷者は含まない。 日本軍の総数を仮に 700万とみても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の転換期

 歴史には転換期というのがある。 天皇家の存亡をかけた南北朝時代、戦国時代の終わった安土桃山時代、そして明治維新である、現代は情報革命の最中だと云う人もいる。 しかし私は戦後のGHQ主導の改革解放政策が日本の中・近世史の中で最も大きな転換期だったと思っている。  その改革とは昭和20年10~12月の間にGHQ (連合国最高司令…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の暑かった日々

 沖縄本島は昔から 長さ30里 巾3里と言われた細長い島である。 この島に点在する グスク(城)の遺跡が群として世界遺産に登録された。 9ヶ所のグスク遺跡、今回はその中の3ヶ所の城郭を訪ねてみた。  北部にある今帰仁(ナキニン)城跡、標高100m にある連郭式の広域山城で13世紀の築城と言う。 両側を川で削られ馬の背に乗る様な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如己堂かいわい

  公園のベンチに座っていると緑陰を吹き抜ける風が心地よい。 先ほどから園内の 「原爆落下中心地」の碑の前では、大勢の修学旅行生が順番で整列しては何やら説明を聞いている。 多分、60年前の長崎原爆投下の際の街の惨状や核兵器廃絶について であろう。 碑の前に献じられている沢山の花束には何れも訪れた学校名が書かれている。 一人の中学生に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more