テーマ:九州

九州の巨大火山

 九州は 「火の国」 である。 最近は特に地震への備えが強調されているが 火山噴火による災害も忘れてはならない。 地球上には現在 1500の活火山 (過去1万年前以降に活動した) が確認されているが、日本にはその 7% に当たる 111の活火山が有り、そのうち 17 の活火山は九州にある。 九州の火山列は山口県の阿武火山群に始まり阿蘇、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別府島原地溝帯

 最近 (2017年) は大分県内での地震活動が目立つ。 別府を中心に由布市、豊後大野市など各地で異変が起きている。 1975年 (S50年) の大分県中部地震以来 40年余を経過したが、昨年 (2016年) は熊本地震に連鎖するかの様に由布市付近でも地震による被害が出ている。 九州中部の熊本地震に始まり東方の阿蘇へ、大分の由布へ、別府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化する路面電車

 2013年7月、名古屋市は 「路面電車の導入を検討」と発表。 ...JR名古屋駅から北東へ広がる市の中心域は、路面が比較的広く、空間体積も大で LRT (低床式次世代型路面電車)の導入には格好の環境にある。 新型電車の導入により各地域が連携して新たな町興しをと云う発想は時期的にも絶好のタイミングと云えよう。  路面電車は、市電と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎のんびり旅

 長崎市の花はアジサイ...、紫陽花(アジサイ)は雨に良く似合う 夏の季語である。 暖流の流れる長崎の年間降水量は1600mm超、多雨の原因はその海洋性気候にある。  長崎は坂の町、市の中心部は三方を山に囲まれ北方に向けて開けた地形である。 それに、あまり知られていないが長崎市は、大昔の火山の上に乗っかっている街だ。 今の長崎港を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野ヶ里遺跡へ

 弥生時代の城郭と云えば吉野ヶ里、...まだ猛暑の残る暑い日だったが 路線バスを途中で下車、遺跡へと向かう。 歩くコトで、少し離れた位置から日本最古の城郭でもある遺跡全体の地形や立地を観察したいと思い....。  佐賀県北方に連なる脊振(セフリ)山地は、ブナ科のシイやカシの木に覆われた照葉樹林の山である。 吉野ヶ里の丘陵は、この山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇の外輪山

 去る7日(05/10) 福岡管区気象台から阿蘇山の火山情報が発表された。 「やや活発な状況」という程度だったのは幸いである。  阿蘇山とは云っても地図上に そんな名前の山がある訳ではない。 阿蘇五岳の高岳 (1592m)、中岳(1506m)、根子岳.....等を含む10峰程の山岳をまとめて中央火口丘群と言い、これに阿蘇外輪山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如己堂かいわい

  公園のベンチに座っていると緑陰を吹き抜ける風が心地よい。 先ほどから園内の 「原爆落下中心地」の碑の前では、大勢の修学旅行生が順番で整列しては何やら説明を聞いている。 多分、60年前の長崎原爆投下の際の街の惨状や核兵器廃絶について であろう。 碑の前に献じられている沢山の花束には何れも訪れた学校名が書かれている。 一人の中学生に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲仙に遊ぶ

 島原電鉄の安徳、この駅にはバスもタクシーも入って来ないので、水無川沿いに 「雲仙岳災害記念館」を目指して歩いた。  ボンヤリ霞んで見える雲仙岳を背に30分、やっと昼食にありつけるぞ と喜びながら館に入るとビックリ、中は各地から来た修学旅行生で超満員。 ...シアーターでは火山の噴火から火砕流、土石流の発生、流下などを疑似体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麦秋の島原半島で

 麦秋の島原半島をノンビリと有明海沿いに南下。  島原電鉄に乗車、2時間ほどで南端に近い原城駅に着く。 今回は何の変哲も無い 「島原城」をとばして、同じ島原領内の こちらの原城跡を訪問した。  原城は16世紀末の戦国大名 有馬氏の日野江城の支城だった。 後々天草の乱の天草四郎で有名になるこの城は、島原湾に突き出した風光明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more