テーマ:自然

風を読む...

 冬の寒風について前にも書いたことが有るが、この年末から年初にかけてもまた寒気襲来とある。 しかも冷たい風と降雪を伴う寒気となれば、スキーをやっていた頃ならいざ知らず今ではあまり有難い寒気とは思えない。 昨日は家の外に在る水栓に古いタオルを巻きつけて凍結を防ぐ処置も済ませた。 寒いとは言っても私の住む関東平野の寒さは 0℃ 前後、北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身長

 最近と云っても 2018年の1月、エジプトの観光局は不振の観光業の起死回生策の一環としてギネスブックに載る世界最高の身長者と最低身長者を招きギザのピラミット前で対面するキャンペーンを催した。 当の世界最高身長者の身長は 251 ㎝、最低身長者の身長は 62.8 ㎝で両者はそれぞれ下垂体腫瘍、軟骨形成不全症を患っての結果だと云う、共にギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝶が舞う・・・

 我が家の庭にも春にはモンシロ蝶が、夏の初めには大きなアゲハ蝶が飛んでくる。 この様に季節ごとに飛来する蝶を 「季節型の蝶」 と呼ぶ、 即ち 春・夏・秋... と季節ごとに色々な蝶が生まれては飛んで来る訳だ。 子供のころには昆虫と云えばトンボと蝶が双璧だったが、最初は直線的に飛ぶトンボに惹かれたものの、長じては色鮮やかで然も掴め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夏は来ぬ」

 2017 年の 5月 5日は立夏、この日を境に暦の上では夏になる、また 立夏は立春と夏至の中間の日でもある。 夏を称して 「九夏」 或いは「三夏」 とも云うが、九夏は暑い夏の 3ヵ月間の 90 日を云い、三夏は初夏・仲夏・季夏の三つを指す。 今年の立夏は 5月5日だったが、年によって立夏の日は異なる。 5月と云えば端午の節句だが、端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地底の不思議

 最近、世界で八つ目の大陸が確認された、それは海底 1000~1500m に水没している大陸 「ジーランディア」 である。 間もなく国際プロジェクトによる本格的調査が始まる。 地球の誕生以来、地上では大陸の離合集散が繰り返された。 今回調査されるジーランディア大陸は、1億1千万年前にゴンドワナ大陸から分かれ 8500万年前に南極大陸やオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大寒の候

 1 月末の この時期は 「寒の内」 の真只中。 我が家の鉢植えの梅ノ木の蕾は もう咲くぞと云わんばかりに春の来るのを待ち侘びているのに、今年の関東は氷点下の日が続き例年より寒い気がする。 清少納言は 「冬はつとめて。 雪の降りたるは言うべきにもあらず、... 。 ⇒ 冬は早朝がよい。 雪の朝は言うまでもなく、... 。」 と書いたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニワトリと人の話

 鶏の卵の殻には白色のものと褐色のがある、業界では前者を白玉と云い 後者を赤玉と呼んで区別している。 勿論、餌が同じなら双方の栄養値に変わりはない。 日本では鶏卵の 80%が白色の卵で残りが褐色の卵だが、ヨーロッパではその比率は逆である。 この殻の色の違いは親鳥次第で決まる。 鶏の種類は世界では 200種もあるので一概には云えないが、白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人と家畜の一万年

 国連の推計では世界の人口は 2016年10月現在で 73億6千万人。 我々の先祖は今から 10万年前にアフリカの東部で誕生、その後ながい時間を掛けて世界中に広がり BC 8000年頃には、その数は推定で 100万人、BC 2500年には 1億人にまで増加。 18世紀の産業革命時に漸く世界人口は 10億人に。 それから僅か 300年足ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見えてきた海底資源

 船を操り海の上を走っていても、波の下に広がる海底世界を伺い知るコトは出来ない。 ...つまり 深海底は未踏のフロンティアなのだ。 そんな深い海の底で近年いろいろな鉱物資源が発見される様になった。 特に 20世紀の終わりから、掘削技術や潜水技術が進化したのに伴い 急に海底資源の開発が話題に上がる様になった。 わが国では 20世紀中頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私達の顔かたち

 君の顔は縄文系だ、いや弥生系だと 皆でよく議論した、... それ程に人の顔には夫々特徴が有って面白い。 ... 同様に、ヨーロッパの白人とアフリカの黒人の顔も どうして こんなに違うのかなと不思議に思った。 ... 現代の人類学では、例えば ヨーロッパの化石原生人 (新人) である クロマニヨン人の場合、顔は上下に短く平坦で幅広く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎の門 のダム

 梅雨たけなわの昨今だが、真夏に向けての生活用水の確保にダムは欠かせない。 ...その昔、江戸開府と同時に江戸市中、「虎の門」 にも小規模のダムが造られた。 ...その証として竹村公太郎氏は、1856年~ (安政3年~) に広重が描いた 「名所江戸百景」 の一つ 「虎の門外あふひ坂」 の絵を挙げる。 絵は虎の門側から今の首相官邸の方向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋上の風力発電

 わが国の 2013年前後の電力の発電量は このところ 9400億 kwh / 年、前後で推移している、その内訳は化石燃料系が 88.3%、水力 8.4%...で、その他は 1.6%、 風力発電はその他の中に含まれる。 太陽光発電と並ぶクリーンの風力発電は、既に日本各地で約 1500基が稼働中である。 現時点での発電方法は、風力で風車を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黎明期の伊豆

 未だに人の手の入らない山地も残る伊豆の山々は急峻で険しい。 一方、平野部は中央の山地から北方向に流れる狩野川流域の田方平野のみで土地は痩せて狭小である。 ...伊豆半島の面積は 1421 ㎢ 、現在その中に 45万人が住む、...そんな伊豆は大都会に比べればまだまだ閑静な土地柄である。  伊豆半島は今から 100~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬 来たりなば~

 さては 初雪か? ...灰色の空にヒラヒラと舞う師走の淡雪...。 雪の落下速度は、降り始めの軽い粉雪なら秒速 40 cm 、本格的な大きな雪粒になると秒速は 1m になる。 だが 雨の落下速度の秒速 4~7m に比べれば、軽くて大きな雪の粒の落下速度は遠く及ばない。 ...< 初雪や水仙の葉のたわむまで  芭蕉 > 彼は降る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崩れる三食時代

 日本人の食事は、江戸時代の中頃までは 1日 2食が普通だった。 ...古来、朝と晩に食べる朝食・夕食は、「朝げ・夕げ」 と云い、もっと古くは 「あさけ・ゆうけ」 と読んだ。 ...鎌倉時代に漸く上級武士や高僧、公家たちは 1日 3食 になったが、下級武士や一般人、それに地方では依然 1日2食 の時代が続いた。... 1日 3食の習慣が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵野台地

 東京の西郊に広がる武蔵野台地は、北は荒川に南は多摩川に挟まれた日本最大級の洪積? (更新世の) 台地である。 この台地と東京の下町地域との境界線は、ほぼ JR 京浜東北線 (大森~赤羽間) に沿った海食崖のラインにある。 台地の大きさは東西 50㎞、南北 40㎞で、扇状地形の先端部にあたる青梅の標高は凡そ 180m、立川 90m、小平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩丘陵を往く

 以前 川崎市の多摩丘陵に沿って流れる多摩川への海進に付いて書いたが、今回はそれを確認する意味で多摩丘陵を歩いてみた。 ...小田急電鉄線の南面に広がる多摩丘陵のⅡ面を、それも多摩丘陵のⅠ面との境界線に近い向ヶ丘遊園周辺の丘陵地を巡検するコトで、多摩丘陵Ⅱ面の生成に係った大型海進の痕跡や各時代に堆積した複数のローム層を観察できた。 ..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ 雪は降る ::

 2013年正月14日、南関東は大雪に見舞われた。 平地での積雪は 10㎝前後だったが交通網は乱れに乱れた。 ...10㎝ の積雪量は雨に換算すれば 10㎜ 程度に過ぎないのに、雪に備えの無い関東の平野部は降雪の度に交通は乱れる。 ♪ 雪は降る...、の曲がそっけなく聞こえる。  今回の南関東の大雪の原因は爆弾低気圧だった。 前日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元素は働きもの

 科学博物館 「元素のふしぎ特別展」 の会場出口に、興味のある元素はどれでしたか?... と問う 質問コーナーがあった。 皆さん、それぞれに酸素だ、水素だ、金だ...と回答していたが、...私は敢えて W と答えた。 Wとは Wolfram タングステンの意味である。 この W は、錫鉱石と一緒に置くと オオカミの様に相手を食べてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本にも氷河があった

 北ア、立山連峰の剣岳 (2999m)と雄山 (3003m) にある 3ヵ所の雪渓が、日本雪氷学会で氷河と認定された。 ...1880年 (M 13年) J・ミルンが日本にも氷河有りと発表して以来 その是非を巡って 100年以上も議論の末、やはり日本には氷河は無い と云うのが結論だった。 だが今回は、氷厚と流速を測定して得られた詳細なデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水の惑星

 「♪...蒼く眠る水の星に ~ 」 ...森山博子さん の歌う曲... ”水の星に愛をこめて” は、広い星空に一点、青く 光る 「水の惑星 ☆ 地球」 の姿を彷彿させる。 ”水”、...我々が地上で接する水は意外にも多様な顔を持つ不思議な物質である。  水の分子一個の大きさは水素と酸素が結合した状態で僅かに 0.38 um…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花を愛でる文化

 日本には約 5000種類の植物が生育するが その多くは野草である。 普段は目立たない存在だが、切り取られても踏みつけられても 自力でしぶとく生きている様は植物の中では寧ろ勝ち組に属しよう。 ...そう云えば家の庭にも毎年春になると しぶとい新顔の野草が紛れ込んで来る。  新年早々の 「七草の日」 は昔から新鮮な若菜を食する日だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁法と生態系?

 生物種の算定法についての定義はないが、或る推定では地球上の生物種は1億種とも...、既に発見され命名された種は 175万種で、そのうち魚類は 2万5千種を占める。... 魚類は 冷たい海から熱帯の海まで、また表層から深海まで、更には淡水の河川、湖沼に至るまで夫々の環境に適応しながら棲息している。  人類発祥の地とされる東アフリカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の等々力渓谷

 総延長 1kmの等々力 (とどろき)渓谷は、多摩川下流域を望む東京 武蔵野台地の南東部にある。 一帯は古墳の点在する風致公園でもある。 この小渓谷は世田谷区を流れる谷沢川が 2万年?...の年月をかけて国分寺崖線の延長部にあたる台地を刻んで出来た深さ 30m程の浅い渓谷である。....ここの自然崖では、70万年前以降の東京南部の台地の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南房総の魅力

 フェリーで東京湾の金谷港に上陸、年末の長狭街道を鴨川市へと向う。 35kmを ほぼ直線に走るこの街道は、千葉県の 「高宕山県立自然公園」 と南側の 「嶺岡山系県立自然公園」 の間を抜ける県道 34号線であり、奈良時代には防人も歩いた古道である。  千葉県は どちらかと云えば自然石の産出の少ない県だが、南部の高宕山まで来れば石も有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂漠からの贈物

 大陸からやってくる黄砂(砂塵) は花粉と共に春の厄介もの...。 昔から日本人は黄砂を、つちふる(霾)・よなくもり(霾曇り) 等と詠み、この黄砂を 季節判別のメルクマールとして捉えてきた。  春だけではなく、年間を通して飛来してくる黄砂 (空を黄褐色にする砂塵)は、主な発生地は遠く新彊のタリム盆地に広がるタクラマカン砂漠や モン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雁よ!よみがえれ

 春先まで近くの川辺に棲んでいた数羽の雁が姿を消した、北の国へ戻ったのだろう。 温暖化の為か "雁の群"の飛来する南限が 200km以上も北上してしまい、最近は季節ごとの雁行を見るコトも無くなった。  雁行...、渡り鳥の雁の群れは、上空で 「ヘの字」や 「逆W字」 形など色々な模様を描きながら飛行する。 大型の鳥が空を飛ぶと、羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウナギのお喋り

 昨日はウナギご飯だったが鰻の旬もそろそろ終り。 ウナギが脂がのって本当に美味いのは土用よりも冬の寒い時期の様な気がする。  今年のシラスウナギ漁は終った。 シラスウナギとはウナギの幼魚のことで漁は冬の大潮の前後に河口近くの海岸や川の下流域で行う。 遥か南の海から黒潮に乗ってやって来る幼魚を波打ち際や河口で夜中に灯で探しては小網で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空っ風ぞ吹く...:

 空っ風 (からっ風)に煽られて梅の花びらが宙を舞う...寒い!...新暦の2月4日は立春だったが 旧暦では、まだ正月の10日、冬の真っ最中だ。 ...立春とは本来 暦法上の用語であって気象上の春のコトではない。  新暦に対する旧暦とは暦法の切り替え直前まで使用していた暦のコトで、ここでは天保暦を指す。 古代日本では 推古天皇(6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬将軍の侯

 暮も近づき、そろそろ積雪の便りもチラホラ...、つい嬉しくなり 他の県の天気予報にまで目が届く (笑い)...。 さあ 冬はこれからと思っていた矢先、昨日は寒桜見物の案内がきてビックリ!。  関東以南の太平洋側では、冬の雪が降っていても コタツに入ったまま障子越に外を眺めていられる。 勿論ドカ雪のこともあるが、根雪になって長く残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more