アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「地学」のブログ記事

みんなの「地学」ブログ

タイトル 日 時
房総半島とは
 房総半島は関東の南東部から太平洋に突き出た面積 約 5000平方km 、最高地点 400m余の半島である。 半島と云えば世界ではアラビア半島やフロリダ半島などよく知られるが、日本では紀伊半島や伊豆半島などと共に知られた半島である。 半島より小さい突出部は岬であったり、***の鼻 と呼ばれる。 半島の特徴は三方を海など水で囲まれているコト、成因としては一帯の地殻変動によって形成される場合が多い。 ただ、半島の首の部分は何処からどこまでと云う線引きは難しく、従って千葉県の大部分を占める房総半島も行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 15:36
別府島原地溝帯
 最近 (2017年) は大分県内での地震活動が目立つ。 別府を中心に由布市、豊後大野市など各地で異変が起きている。 1975年 (S50年) の大分県中部地震以来 40年余を経過したが、昨年 (2016年) は熊本地震に連鎖するかの様に由布市付近でも地震による被害が出ている。 九州中部の熊本地震に始まり東方の阿蘇へ、大分の由布へ、別府へと広域化している様にも見える。 この間、熊本県内での被災状況は逐一マスコミを通じて報道されてきたが、その延長上に在る大分県由布市周辺の被害状況に就いては地元以外... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 10:04
京の壁土
 17年4月の初め、 NHKのドキュメンタリー番組 「京壁〜雅な土」 を見て 京都では 「聚楽土」 が高級な壁土であるコトを初めて知った。 聚楽土の特徴は黄褐色で粘性が強く きめ細かい上質の土で、京の旧家や茶室、床の間の壁の上塗りに使われている。 商品名の聚楽は、秀吉時代に築かれた京都の 「聚楽第」 周辺で採掘される壁土に由来し、出土範囲は京都市内の北は今出川から千本、烏丸、丸太町付近の狭い範囲で 地学好きの人なら益富地学会館付近の一帯と云えば直ぐ分かる場所である。 聚楽土は地中では、地下 2〜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 22:49
地底の不思議
 最近、世界で八つ目の大陸が確認された、それは海底 1000〜1500m に水没している大陸 「ジーランディア」 である。 間もなく国際プロジェクトによる本格的調査が始まる。 地球の誕生以来、地上では大陸の離合集散が繰り返された。 今回調査されるジーランディア大陸は、1億1千万年前にゴンドワナ大陸から分かれ 8500万年前に南極大陸やオーストラリア大陸とも別れて 1人東方に進み、オーストラリアの南東に水没している幻の大陸である。 推定では大きさはオーストラリア大陸の 40%で、その 94%部分は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 22:30
相模湾と相模灘
相模湾は神奈川県の三浦半島先端の城ケ島と真鶴半島の先端を結ぶ湾状の海域である。 相模湾の外側には一般にはあまり馴染みのない相模灘という海域がある。 範囲は、房総半島の先端から大島を経て伊豆半島の先端に至る海域の北側で、この線を境に太平洋と区分されている。 ... 灘とは、海流・潮流の流れが速く航海が困難な海域を指す。 他にも玄界灘・熊野灘・日向灘など灘は 昔から潮流の速い外洋として知られ、天候次第で海難事故も多発していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 22:09
水圏・空圏から地圏へ
 ギリシャ神話から 「イカロスの翼」 を読む。 ... 囚われの迷宮 (ラビリュウス) から大空に向けて逃げて見せようと、イカロスの父 ダイダロスは鳥の羽をロウで繋いで大きな翼を作り 羽ばたいてみたら身体が宙に浮いた。 羽を背負った父子は早速 揃って大空へ。 だが父の注意を聞かずに高く飛び過ぎたイカロスの翼は太陽の熱でロウが溶けてしまい海に落ちる。 ... 日本人で初めて空を飛ぼうとしたのは、江戸時代の表具師 浮田幸吉。 彼は鳩の生態を細かく観察して 1757年に人工の飛行機を飛ばした。 世界で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/31 21:53
活断層と内陸地震
 長女が未だ中学生のころ夏休みを利用して岐阜県の根尾谷断層を見に行った。 現地へは美濃市から国道 (418 号線) とは名ばかりの狭くて鬱蒼とした未舗装の峠を越えて入ったが、最終の下り道では菊花石の採れる山あいを眺めながらのドライブ行だった。 ... 根尾の春は天然記念物の淡墨桜で夙に有名だが、特別天然記念物の根尾谷断層もまた貴重な地震断層遺産として百年余を経た今日もよく保全されている。 国道255線 脇の現地には断層を示す大きな看板が立っていて、高さ 5m余の断層崖は南西に開けた田畑の中にあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/14 19:02
火山灰の模式地
 2015年5月に始まった箱根の山体膨張騒ぎは 11月には収まり警戒レベルも 3 から 1へと下がり 事実上終息した。 箱根火山の誕生は凡そ 40〜50万年前とも云われるが最近の数万年前以降は特大の噴火は無い、... だが箱根を安全な山と考えるのは未だに危険である。 勿論、どの火山にも終息はあるが、箱根火山は位置から見ても 何時動いてもおかしくない活火山であり、危険な火山であるコトは間違いない。 箱根火山の下には未だにマグマ溜まりがあり、例えば強羅の温泉等は直接マグマに暖められた湯だと云われてい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/15 12:42
地底世界を往く
 「 鎌倉井戸 」 と云うのがある。 群馬県安中市、旧九十九村小日向 小字鍛冶村に伝わる伝説の井戸で、昔はこの井戸は地底を通じて鎌倉に繋がっていると信じられていた。 井戸跡は 廃寺になった半空寺裏にある。 寺僧は鎌倉から逃れてきた落武者で氏名は不詳、僧名は唯慶秀和尚、廃寺跡には今も 50アール程の荒れ地が残る。 ... 「 いざ鎌倉 」 の号令は、 謡曲 「鉢の木」 の主人公 佐野源左衛門と五代執権 北条時頼の物語でよく知られる、内容は北条氏の鎌倉幕府時代の話である。 当時、全国の道は鎌倉へと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 17:12
シンボリックな赤城山
 赤城山を地元では 「あかぎやま」 と呼ぶが、あかぎさんと呼んでも別に差支えはない。 赤城山は地図の上では群馬県の中央東寄りに位置し、県の面積 6362 ㎢ に対して 500 ku を占める広大な山体である。 群馬のシンボルとしての赤城山の周囲には、古代より特に南東の岩宿から西方に掛けては多くの縄文集落跡 (遺跡) が点在し、古墳時代には大型の前方後円墳が数多く造られた。 下って平安時代の夫木和歌抄には、赤城の地が上野国の歌枕として登場する。 ... 上毛カルタの 「裾野は長し赤城... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/30 16:27
浅間火山の凄さ
 2015年6月、群馬・長野県境の浅間火山が動いた? ... この地域は50万年前頃から火山活動が活発で、現在の浅間山の西方 20km にある烏帽子岳や三方ヶ峰などで先ず火山活動が始まり、続いて東方の東篭ノ登付近で複数の溶岩ドームが形成された。 ... その後 3〜2..5 万年前には、更に東寄りの黒班山 ( くろふやま) で火山活動が始まり最盛期には高さ 2800m の成層火山が有ったとされる、だが 2回のブリニー式噴火の後 山体は崩壊し現在は馬蹄形のカルデラ跡が残るのみ。 続く 2. ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/15 00:03
箱根火山はどう動く
 箱根山を地図で探してもそんな名前の山はない。 阿蘇に行っても阿蘇山と云う名の山が無いのと同じだ。 ...箱根山とは箱根町の山間部の山々の総称で、範囲は金時山・明神ヶ岳・白銀山などの外輪山と 神山・駒ヶ岳・二子山などの中央火口丘、それに芦ノ湖などで、近隣の火山の幕山や真鶴岬付近まで含めても地図上では 15km 四方に収まる規模だ。 ...さて、我々が 富士山の 5合目付近から見下ろす箱根全山のパノラマは、誕生以来既に 40万年の歳月を経て恰も壮年期を過ぎたかのように映るが、決して自然の力を侮って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 12:42
花崗岩の山々
 広島市北部の住宅地を襲った 2014年8月の土砂崩れは大きな被害を齎した。 原因は局地的な大雨だったが、中国山地特有の脆い地層が被害を一層大きくした。 市域の背後に連なる中国山地の地質的特徴は、基盤岩である花崗岩と 風化した花崗岩が長い間に堆積したマサ (真砂)土にある。 ... 広義の花崗岩 は、含有鉱物の種類や比率の差によって 花崗閃緑岩・トナール岩・石英閃緑岩等に分類される。 その花崗岩自体、もともと岩体の隙間部分に 1%程度の水分を含むが、岩塊が風化して粒子が細かくなったマサ土には... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/31 22:42
玄界灘と朝鮮海峡
 昭和時代には 「俺は玄界灘を渡ったんだ...」 と威気高々に話す高齢の輩が何人もいた。 勿論、宴席での自慢話だが 厳密には大正生まれの彼らは玄界灘と朝鮮海峡を混同していた様だ。 ...敗戦までは、日本と朝鮮半島・満州国との往来には下関港と釜山港を結ぶ関釜連絡船が使われていた。 勿論、渡航の前には互いに水杯を交わしての別れが付きものだったが、今は航空機を使うので そんな感慨はない。 ... 昭和時代に歌われた 玄海ブルースの曲に 「...嵐吹きまく玄海超えて...」 と云う文句がある。 だが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/15 06:10
丹沢の水 峠道の盛衰E
 旧ヤビツ峠 (800m) は戦国時代に相模の北条氏と甲斐の武田氏が戦った戦跡である。 後年、当地で弓矢を入れる矢櫃 (やびつ) が発見されたのが 「矢櫃峠 =ヤビツ峠」 の名前の由来と聞く。 現地は神奈川県 秦野市北方の山岳地帯にあり、丹沢山 登山口の 現ヤビツ峠 (761m) から岳の台へ向かう鞍部にある。 ...往時は旅人や山仕事の人足で賑わい、馬も通れる道幅 1m の峠道だったが、1934年 (S9年) に新しい丹沢林道が開通して以来廃れてしまい、今はヤブが広がり 人影も無く、...昔日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/15 11:00
城と古地形
 中世の城、河村城は相模、駿河、甲斐 (神奈川、静岡、山梨) の三国の国境沿いにある山城である。 ...JR 御殿場線の山北駅の南方、弥生時代に富士山の山腹崩壊で発生した御殿場泥流が堆積する 5m高の崖の間を抜けて急坂を登り抜けると 30分で河村城址 (公園) のある城山頂上に着く。 城山の標高は 225m だが実際に歩いて登る高度は 120m 位である。 頂上からは、南方 30 q 先の相模湾や箱根山の和留沢断層が、また西南には箱根の金時山、北方には丹沢山塊、東方には国府津・松田断層に沿う大磯... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/30 07:17
東京の川の風景
 神田川や石神井川それに野川は、東京の山の手を流れる河川である、何れも総延長 20〜30 q、かっては湧水を源泉とする清流だった。 目黒川は延長 8kmの小河川、世田谷区に発し桜の名所 目黒堤を流れ JR大崎駅付近を経て天王洲から東京湾に注ぐ。 世田谷区等々力の谷沢川は武蔵野崖線を U字型に 15 m以上も削って流れ多摩川に注ぐ。 何れも東京生まれの個性的な小河川群である。 ...一方、東京の低地には改修された河川の隅田川や荒川水系の川が流れる。... 幕府による利根川の東遷・荒川の西遷策に伴い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/31 00:01
武蔵野台地
 東京の西郊に広がる武蔵野台地は、北は荒川に南は多摩川に挟まれた日本最大級の洪積? (更新世の) 台地である。 この台地と東京の下町地域との境界線は、ほぼ JR 京浜東北線 (大森〜赤羽間) に沿った海食崖のラインにある。 台地の大きさは東西 50q、南北 40qで、扇状地形の先端部にあたる青梅の標高は凡そ 180m、立川 90m、小平 80m、吉祥寺 50m、江戸城の半蔵門や文京区の駒込 30m、台地の東端の上野や品川の御殿山 20m で、台地はここで終わる。 武蔵野台地の特徴は、この様な西高... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/15 00:02
三宅島へ行こう
 2000年 (H12年)の大噴火前に発行された三宅島の地図では、島の最高地点の標高は 815m だが 噴火後の現在は 776m である。 何故って?、 原因は噴火時の水蒸気爆発で山頂付近が大きく陥没した為で、旧火口跡には 径 800m、深さ 400m の新カルデラが出来ている。 とは云っても、現地は立入禁止区域なので我々登山者が実際に この風景を見るコトは出来ない。 2013年現在でも、なお山頂からは日々 800t の二酸化硫黄ガスが噴き出ており、村役場ではガス噴出の状況を逐一有線放送を通じて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/15 23:42
多摩丘陵を往く
 以前 川崎市の多摩丘陵に沿って流れる多摩川への海進に付いて書いたが、今回はそれを確認する意味で多摩丘陵を歩いてみた。 ...小田急電鉄線の南面に広がる多摩丘陵のU面を、それも多摩丘陵のT面との境界線に近い向ヶ丘遊園周辺の丘陵地を巡検するコトで、多摩丘陵U面の生成に係った大型海進の痕跡や各時代に堆積した複数のローム層を観察できた。 ...但し、多摩川が現在の流路を流れるようになったのは 2〜3万年前以降のコトであり、それ以前の川は武蔵野台地の上を流れていたのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/28 00:01
古代の多摩川下流域
 「多摩川に曝す手作さらさらに何そこの児のここだ愛しき」  万葉集 14-3373 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/15 00:02
伊豆大島を探る
 伊豆の大島は全国各県に 56 島有る 同名の大島の中で最も大きな島である。 1928年 (S3年)に野口雨情作詞の 「波浮の港」 が発表されるまでは この島を知る人は少なかった。 江戸中期まで流刑地だったコトが島のイメージを損なっていたのだろう。 だが 1964年 (S39年)に陽気な 「あんこ椿は... 」 の歌がが流行った頃から島は旅行ブームに沸いた、だが 21世紀に入ると再び観光は低迷し漁業も畜産も伸び悩み、人口は 8,000人にまで減少してしまった。 ... 大島は 果して甦るのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/31 09:53
日本にも氷河があった
 北ア、立山連峰の剣岳 (2999m)と雄山 (3003m) にある 3ヵ所の雪渓が、日本雪氷学会で氷河と認定された。 ...1880年 (M 13年) J・ミルンが日本にも氷河有りと発表して以来 その是非を巡って 100年以上も議論の末、やはり日本には氷河は無い と云うのが結論だった。 だが今回は、氷厚と流速を測定して得られた詳細なデータを検証した結果、2012年4月に氷河として正式に認定された...。 これは気象の変化や温暖化を解明する上で重要な発見である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/15 08:59
八丈島の魅力
 蒼い海に浮かぶ八丈島、...船は一路 流れの速い黒瀬川を横切り八丈を目指した。 黒瀬川とは島言葉で黒潮のコト、...台湾沖から九州・伊豆七島海域を北上する 流速 4ノット≒ 7.4 km/h、幅100km もの日本海流を指す。 ...八丈島はフィリピン海プレートの伊豆・小笠原弧の上にあり、東京から 300 kmの南の海に浮かぶ面積 70 ku の火山島である。 ... そのフィリピン海プレートは今なお 北上中であり、単純計算では 200万年後には八丈島を含む八丈地塊は本州の東端に衝突し始め、何... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/14 15:03
地熱発電と火山
 何年か前、秋田街道沿いの雫石から北へ 12 km 小岩井牧場先の玄武温泉まで行った。... この時は 温泉が目当てではなく、その先の葛根田の玄武洞と地熱発電所に行く予定が 突然 立ち入り禁止の通行止めに遭い、途中までしか入れなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 06:08
東北のグリーンタフ
東北のグリーンタフ  奥羽本線の八郎潟駅から五城目街道に入り、出羽山地の旧鉱山の町、阿仁を経て田沢湖方面へと向う。 西から東へ、今回は低地の油田地帯から山間部の鉱山跡へと グリーンタフを辿ってのドライブだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/15 09:27
南会津の山々
南会津の山々  木賊(とくさ)温泉、最初は読み方が分からなかった。 何年か前の夏、南会津 (旧舘岩村)の旧鉱山巡りの後、皆で西根川沿いの木賊の露天風呂を目指した...が小屋がない..? 何と、その年の大雨による増水で入浴小屋は激流に持って行かれてしまったと云う...。歴史の古い木賊温泉だが...、単純硫黄泉である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/16 09:31
伊豆諸島の新島
伊豆諸島の新島  新島は伊豆七島の一つ、フィリッピン海プレート上の銭洲海嶺に属する火山島である。 この島の特徴は、東海岸を一直線に伸びるエメラルドグリーンの海と 白砂の海岸線であり、もう一つは、世界でイタリア・リバリ島と ここ新島だけに産するコーガ石であろう。 何れも海底火山噴火の賜物だが、今では島の観光と産業の目玉でもある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/30 21:36
カルデラ噴火?
カルデラ噴火?  山歩きの先輩から正月休みに読んでみてはと薦められた本があった。 石黒耀著 「死都日本」である。 しかし死という文字が気になり縁起を担いで、その年の正月には読まなかった(笑い)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/15 10:00
鈴鹿越え...
鈴鹿越え...  鈴鹿山脈の主峰の一つ 御在所岳 (1212m)は、三重県の菰野(こもの)辺りでは昔は 「ござんしょ」 と呼び、雨乞い信仰のシンボルの山だった。 ...そう云えば鈴鹿山脈には 御池岳、雨乞岳、竜ヶ岳等々...水系の山の名が目立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 12:42
男鹿半島巡り
男鹿半島巡り  男鹿、今は半島だが昔は日本海に浮かぶ島であった。 男鹿半島は江ノ島や函館山、マカオ等と同じく陸繋島 (Tombolo) なのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/15 01:15
西伊豆から
西伊豆から   100万年前?..に本州に衝突してきた伊豆半島、地図では本州の下に潜り込めずにシッポを駿河湾側に向けて振っているようにも見える。 西伊豆で見る日本一深いこの駿河湾 (平均深度2000m)は何処までも碧く、見るからに急深の様相を漂わせている。 この湾は西南日本を載せるユーラシアプレートと フィリピン海プレートとの境界に位置し、地学的に遠浅の伊勢湾や東京湾とは出来方が異なる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/12/01 11:26
最近の希少鉱物採集
最近の希少鉱物採集  06.3.6 の朝日新聞は、奈良県警が岩石鉱物の盗掘者を森林法違反の疑いで検挙と報じた。 盗掘品は 「灰鉄ザクロ石」の原石 ( 640g/\13,000.)とある。 各地の希少鉱物の産地が盗掘と乱獲で荒廃してしまった今頃になって、やっと警察が動き出したのかなと云う感じである。 インターネットでの希少鉱物 (無断採掘品の)売買についても 早くメスを入れて貰いたいものだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/12 15:29
関東南部の中央構造線
関東南部の中央構造線  06年2月 産業総合研究所と早大Gは、さいたま市 岩槻地区で国内最大の断層 「中央構造線」の東の延長先を確認したと発表した。 中央構造線とは九州西部から四国、中部、東関東までを縦断する総延長 1000kmに及ぶ、しかも1億年も前に形成された大断層のコトである。 明治期に地質調査を行った独の地質学者ナウマンは、当時これを 「大中央裂線」 と名付けた。... 注目されるのは、まだまだ将来 地震を起こす可能性のある大断層だからである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/09 18:47
神津島と黒曜石
神津島と黒曜石  神津島は伊豆七島の一つである。 最近では9世紀の大噴火を最後に活動は収まっている。 島は16個の単成火山から成っていて最高峰は花の百名山にも選ばれた天上山 ( 571.5m)である。 この山の9世紀 の大噴火は続日本後記にも記録されており、火山灰は北陸にまで飛んでいる。 神話の世界では、この島は伊豆の島々の中で初島 (熱海沖)に次いで二番目に誕生したとされる。 山頂が平坦で見晴らしのよい天上山には周囲の島の神々の集まる集会場だったと云う伝説もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/25 00:36
阿蘇の外輪山
阿蘇の外輪山  去る7日(05/10) 福岡管区気象台から阿蘇山の火山情報が発表された。 「やや活発な状況」という程度だったのは幸いである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/15 13:10
雲仙に遊ぶ
雲仙に遊ぶ  島原電鉄の安徳、この駅にはバスもタクシーも入って来ないので、水無川沿いに 「雲仙岳災害記念館」を目指して歩いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/05 23:24
箱根の寄生火山を歩く
箱根の寄生火山を歩く  2月、満開の梅の花で賑った幕山も、はや初夏の装い。 幕山は神奈川県 湯河原町にある日帰り登山向きの低山である。 一体この山はどのような山なのだろう、...興味は尽きない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/01 00:12
深層流堆積物?
深層流堆積物?  昼少し前、北九州で震度6弱の地震発生との一報が入る。遠く 離れてはいるが海岸べりで地層の観察を行なっていた我々一行にも一瞬緊張が走った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/28 18:30
冬の小仏山地を歩く
冬の小仏山地を歩く 車窓から見る早朝の小仏山地は曇よりとした景色の中にあった。小仏バス停で降り淺川に沿って300m程歩き、そこから影信山(727m)に向かって急な斜面を登りはじめる。 来る途中、川に沿って露出していた黒色頁岩の露頭も 450m付近までは所々で見るコトができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/26 17:27

トップへ | みんなの「地学」ブログ

ぬるでんぼう 地学のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる