アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「生活」のブログ記事

みんなの「生活」ブログ

タイトル 日 時
雑草と付き合う
 田畑や広場、庭園、路傍に、勝手に自生する草花を纏めて雑草と云うが、実は雑草の定義が確定している訳ではない。 ... 世界に生息する植物の種は凡そ 30 万種。 山地田畑から庭園、空地、路傍に至るまで、生息する草花の種の多さには驚く。... 人間が或る意図を持って植物を栽培している場所に侵入してきて、そこで生育する植物群を雑草と云う人も居るが、この考え方は若干偏狭に過ぎる。 これでは、例えば森林に生息する草花は雑草の範疇には入らない。 雑草は人間との関係では悪者に入るが、森林に自生する小草木(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/15 09:23
喪服に回忌
 友人の通夜に参列した、近くのランドマークタワーの灯りも心成しか侘しく映る静かな初冬の夜だった。 ... 喪服、 明治時代になり服装が和服から洋装へと変化する中、遺族の着る喪服も白色から黒へと移り変わった。 本来、喪服とは死者を出した家が、死穢 (しえ) を他人に伝染させない様にと 忌み籠りを表す為の衣裳であり、昔から色は白だった。 それが明治時代以降 徐々に変わり始め、遺族の着る喪服は 1945年の敗戦を機に一気に白色から黒色に変った。 ... 所が、遺族でもない会葬者までが同じ黒色の服を着... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/31 18:25
風邪とインフルエンザ
 風邪ひき男に 眼病み女、 昔はどういう訳か このペアに人気があった。 ... 風邪は、1953年 (S28年) に アデノ・ウイルスが発見されるまでは 寒さと Cold が 原因と されてきた。 事実、寒いと 人は風邪をひく、それは風邪のウイルスが低温・低湿の環境下で より活発化するからに他ならない。 ... 風邪の病のコトは 奈良・平安の昔から貴族の日記にも頻繁に出て来る、当時から ユーラシア大陸で大流行した風邪は一定の間隔を置いて、島国の日本にも必ず入って来ていた。 ... 1918年に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/15 22:32
新しき手帳
 リニューアルなった 吉川弘文館 の歴史手帳を購入した、2***年版である。 ... 市販の手帳は種類が多い、使う人の好みや用途に合わせて色々な様式の手帳が店頭に並んでいる。 広辞苑には、手帳とは心おぼえに雑事を記入する小さな帳面、... と載る。 我々が普段使う手帳の大きさは、A6 版 (文庫本サイズ) が最大で、携帯用には より小さな版もあり 厚さは 12〜6mm 位が一般的である。 ... 手帳の市場規模は、数量で年に4千万冊、第一次卸値は @\300. 程度と推定される。 ... 何... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/31 21:09

トップへ | みんなの「生活」ブログ

ぬるでんぼう 生活のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる