海難と漂流民

海難と漂流民  日本列島周辺を流れる海流は、太平洋側では幅 100㎞、流速 2~2.5m/s の黒潮が房総半島の先まで北上、一方 北から南下して来た親潮は黒潮と衝突して共に東へと進む。 日本海側では台湾~与那国島付近で黒潮から分岐した対馬海流が裏日本沿いに北上している。 天候を見ると太平洋側では暴風雨も多く、また中緯度偏西風帯の南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旗本の実像

旗本と云えば武士の中の武士。 ...旗本とは主君を護衛する親衛隊のコト、戦国大名の陣立てには必ず「旗本備え」 が有り常時相応の人数を配していた。 だが、平和が長く続いた江戸時代にあっては「旗本」とは身分を表す代名詞に変わり、世間からは「お旗本」と呼ばれ当主は「殿様」妻女は「奥様」と呼ばれる身分だった。 ... 江戸時代とは関ヶ原の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AI から AGIへ

 A I ( Artificial Intelligence ⇒ 人工知能 )と云う言葉が使われ始めたのは 20世紀の後半。 あれから半世紀、昨今は A I が人の仕事を奪うのではと囃され、世上では具体的に何と何の職業が無くなると予想する人もいる。 だが、その A I も現在に至る迄には幾つかの段階を経てきた。 先ず最初に話題になったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球にしかない「土」

 土、「土壌」 は砂や粘土と同じではない。 同じ惑星の火星や月にも砂は有るが土は無い、何故か? 半径 6400km の地球の表層には厚さ 7~70㎞ の近く部分が取り巻き、土はその地殻の表面に僅か平均 1m...の厚さで堆積している鉱物・有機物・液体・気体・生物等の混合した集合体である。 だが生物が棲みつき難い寒冷地や灼熱の砂漠地帯、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年号と日本人

 「元号」...、少々古いが広辞苑の第二版には 元号とは 「年号」 のコトと載り、年号は年に付けた称号とある。 だが元号と年号はほぼ同じではあっても、両者には微妙に食い違う点もある。 従って、ここでは江戸時代までの元号は年号と呼び、皇室典範や元号法が規定されて以降の明治時代から現代までの呼称を元号と呼ぶことにする。 ... 日本に公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル 栄光の日々

 大相撲を支えるモンゴル出身の力士は現在 20人余。 その彼らを生んだモンゴルとは どの様な国なのか?... この国の正式名は 「モンゴル国 」、モンゴルとは民族名で、過去に使われた蒙古と云う言葉は漢民族から見た蔑称なので現在は使われていない。 ...モンゴルの国土は広く 157万 km2 (日本の約 4倍)、人口は320万人、 宗教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌われた移民

 わが国で働く外国人労働者は2017年時点で 127万人、技能修習生が28万人余、約 150万人の外国人が働いている。 その多くは日本人がやりたがらない安価な労働に従事している。 人手不足の声に煽られて 2019年4月に改正入国管理法が施行され、以後5年間に34万人余を新たに受け入れると云う。 原因は日本人労働者の減少、ひいては人口の減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵野の台地

 関東平野の姿は第四紀 (260万年前) 以降、現在まで殆ど変わっていない。 平野有り、台地あり、丘陵ありの この平野は面積 17,000 km2 、1 都6 県を擁し 国土の5%を占める大きさである。 その関東平野の出来方は地学上は他の平野とは異なりプレート運動の結果生まれた異色の平野である。 即ち、本来は海中に在るべき前弧海盆が陸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貿易戦争から通貨戦争へ

米中の貿易戦争はこの 2月でそろそろ 1年になる。 この戦争の起因はアメリカ側の膨大な貿易赤字にあった。 2018年 1~11 月までのアメリカの貿易赤字の総額は 8061 億ドル ⇒ 89兆円、そのうち対中貿易の赤字は 3823億ドルで 50%を占める。 更に、米中の貿易比は 輸入で4:1、輸出で 1:4 と物量でも不均衡の幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食の習慣 2食から3食へ

 ユネスコの無形文化遺産の登録一覧表 「食の文化遺産」 には ① フランス料理、② 地中海料理、③ メキシコ料理、④ トルコのケシケキ料理、⑤ 日本の和食の5種が登録されている。 料理の選考基準は美味や栄養だけでなく、これらの料理を育んできた ご当地の 「食文化」 を評価するのが目的で、いずれも世界各地の文化圏で完成された豊かな料理で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「米食国家」と日本人

 2018年の産米予想では、作付面積は凡そ 139 ha、コメの収穫予想は主食用米で733万トン。 これを昔の石高に直すと総作付面積は 138万町歩、収穫量は4900石 。 昔の作付け面積についての正確な資料は無いが、中世では水田は100万町歩、近世で165万町歩、近代に入ると 260万町歩位 有ったと推定されている。 これを現在の数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風を読む...

 冬の寒風について前にも書いたことが有るが、この年末から年初にかけてもまた寒気襲来とある。 しかも冷たい風と降雪を伴う寒気となれば、スキーをやっていた頃ならいざ知らず今ではあまり有難い寒気とは思えない。 昨日は家の外に在る水栓に古いタオルを巻きつけて凍結を防ぐ処置も済ませた。 寒いとは言っても私の住む関東平野の寒さは 0℃ 前後、北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天神様と天満宮

先月 「神になった詩人」 という歴史講座を聴いた。 内容は平安時代の詩人、菅原道真の後半生と死後 神になった道真に就いての話だった。 我々は天神様や天満宮に祀られている道真、配流の地で詠んだ 「東風吹かば....」 の詩なら知ってはいるが、それ以外のコト 例えば 出自や早過ぎた出世、追放の経緯等に就いてはほとんど知らない。 今回はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央アジアの仏教遺跡

 中国への進出企業の状況視察に行ったのは 1970年代の後半だった。 当時の中国トップが華国鋒だったから、相当古い話である。 そのとき西安市内で史跡、大慈恩寺の大雁塔(現在は世界遺産) に登る機会が有った。 中国の世相は当時と今では大違いだが、それでも当時すでに七層の塔は一般に公開されていて各階には菩薩像の線刻画や大唐三蔵の功績やらが展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京湾の地の底:

今までに十数回、船で東京湾から外洋に出た。 或る時は寝台付きの1等船室で一人ユックリと、また或る時は大客室で皆と輪になって酒を酌み交わしながら, 夜が更ければその場で毛布を被り翌朝迄寝入ったもの。 伊豆七島へ向かう東海汽船は夜遅い時間に竹芝桟橋を出港し暫くは並みの静かな湾内を滑るように航行する。 だが、船が外海に出るといきなり船体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度

 年末の12月ときて、 先ず思い浮かぶのは何となく慌ただしい月だなと云うコト、やらねばならないコトが沢山ある、常に何かに追いかけられているみたいだ。 ... ある調査によれば 年間を通して一番忙しい月は12月と出ている。 もっとも今では年末の仕事なんて、幾つかの忘年会、賀状書きが有る程度だが、以前はそれに大掃除や餅つき、クリスマス祭り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 今日 10月25日は満月、しかも本当の満月は朝の時間帯、...この意味分る? 勿論夜の月も満月に見えたが...。 昼の時間帯には久しぶりに等々力渓谷を歩いてみた、気温は20℃ 風もなく秋のハイキング日和だった。 そう云えば日の出も今朝は5時57分、調べてみたら日の入りは 16時55分だった、真夏に比べて日が短くなったコトが実感で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チバニアンって何?

 「チバニアン」 ってなに?  それは千葉県の中央部 千原市の山間部、つまりは房総半島の中央部を流れる養老川上流の田淵地区の左岸の崖に露出している上総層群国本層に刻まれた地層のコト、チバニアンとはラテン語の 「千葉時代」 という意味。 ...では何故にこの地がこれ程までに地学の世界でクローズアップされる様になったのか。 それはこの地の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星の素顔

 去る7月31日の夜、東の空に昇る火星は何時もよりも明るく美しかった。 この火星、15年ぶりに地球から約 5759万㎞ の距離にまで接近していると云う。 今から15年前の接近時に比べてニュース性が高いのは、やはり科学の進歩によって火星の最近情報が次々と発表背れているコトと無関係ではない。 例えば、20年前位までは火星に水が流れていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海を知る

 外洋から隔てられて海も気候も穏やかな瀬戸内海。 ... だが、この海は日本列島の誕生以来、陸地だったり海になったりと大きく変化して来た地域でもある。 現在の海は本州・四国・九州に囲まれた細長い内海、大きさは東西に 450km、南北に 15~55km、沿岸の総延長は7,230 km、700余の島嶼を抱えながら 水深は最大でも 10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦別姓の考え方

 以前 韓国や台湾のビジネスマンたちと雑談をした時のコト、その時は名前の付け方が話題になり 日本では結婚したら女性は法律によって通常は男の側の名字に変わると云う話をした。 ....と彼らは一様に驚いき、一体日本人ってなに? と皆に云われたことが有る。 法律など無くても彼らの国では生まれた時に付けられた姓と名は何処に行こうとも一生変わらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

領主と領民の戦国時代

 2018年6月、NHKの歴史ヒストリアでは戦国武将、小田氏治をとり上げた。 それは昨年の井伊の女城主に次ぐ異色の番組だった。 この武将の小田氏氏治は現在の茨城県つくば市の付近、当時の常陸地方南部を領した小田城の15代目の当主 小田氏治 (1531~1602年)で推定では石高 7万国位の中規模大名、番組ではこの地方大名の戦国生き残り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中世の山城

 中世とはヨーロッパ史の歴史区分であり、時期は ローマ帝国の滅亡~宗教改革までの暗黒の封建時代を指す。 一方、日本史では鎌倉幕府の開設~秀吉による全国制覇 (12~16世紀) までを中世と呼ぶ。 その日本では中世以降 全国で 3~4万とも云われる数の城が築かれている、しかもその多くは急峻な山上に造られた山城だった。 勿論、山城は古代か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「父の日」がやって来る

 父の日? と検索すると 「父の日は何日ですか」 と云う質問が多いのには驚いた。 バレンタインデー同様に父と子が商業主義に踊らされているコトは良く分かるが、世間の関心の低さにはチョット淋しい気もする。 「父の日」 発祥の地のアメリカでさえ関心は低いようで、商業的にも売上の少ない 「父の日」 など左程 有難がられている風はない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸幕府の赤字体質

 江戸時代、特に後半の財政、経済、生活はどの様な状況だったのか、それはどの様に推移したのか? ... 国家社会の基礎を農業に置き重農主義を標榜した江戸時代に於いては経済の基盤は農業と農業生産物に置かれた。 徳川が関ヶ原の戦いに勝利したのが 1600年 (慶長5年)、その3年後に家康は全国制覇をして将軍位に就き江戸に幕府を開き、以後 26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の巨大火山

 九州は 「火の国」 である。 最近は特に地震への備えが強調されているが 火山噴火による災害も忘れてはならない。 地球上には現在 1500の活火山 (過去1万年前以降に活動した) が確認されているが、日本にはその 7% に当たる 111の活火山が有り、そのうち 17 の活火山は九州にある。 九州の火山列は山口県の阿武火山群に始まり阿蘇、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワイ島の火山噴火:

 ハワイ島のキラウエア (Kilauea ) 火山が噴火した。 シリカ (二酸化ケイ素) 分が少なく粘性の弱い溶岩を静かに流している火山とばかり思っていたので今回の爆発的噴火には驚いた。 だが調べてみたら この火山は20世紀中に 45回も噴火を繰り返し、1790年には火砕サージの発生で 70人が亡くなっている。 この山自体は親火山のマウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史資料について

 最近 学校で習った歴史が何時の間にか変わっていて驚かされるコトが多い。 ドイツの歴史学者ランケが提唱した科学としての歴史学が日本に導入されたのは1887年(M20年) だったが、我が国で実際に皇国史観に基づいた国史学を排して自由に歴史を論ずることが出来る様になったのは1945年、敗戦の年 以降のコトである。 詰まりは明治時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身長

 最近と云っても 2018年の1月、エジプトの観光局は不振の観光業の起死回生策の一環としてギネスブックに載る世界最高の身長者と最低身長者を招きギザのピラミット前で対面するキャンペーンを催した。 当の世界最高身長者の身長は 251 ㎝、最低身長者の身長は 62.8 ㎝で両者はそれぞれ下垂体腫瘍、軟骨形成不全症を患っての結果だと云う、共にギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東平野の地震

 今年は新年早々、関東各地で地震活動が相次いだ、東京湾に面した東京・神奈川の東部は久しぶりに震度4に見舞われた。 既に西日本の太平洋岸には東南海地震の到来が予知されているが、昨年は普段 地震活動の少ない朝鮮半島南部でも地震が発生、更には中朝国境の白頭山でも火山の噴火が危惧されている。 何れの地震も噴火もフィリピン海プレートと太平洋プレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍者エレジー

 最近は外国人にも人気の 「ニンジャ」 だが、今年も12月の中旬に東京の日本橋で三重大學と忍者発祥の地の伊賀市による 「忍者・忍術学の講座」 があった。 遅れて到着したが会場には百人程の受講者が集い、然も比較的 若い男女が多いのが印象的だった、...忍者像への人気の高まりには驚かされる。 2018年2月の三重大学大学院、人文社会科学研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代日本の製鉄

 人類が鉄を使い始めた歴史は古い。 例えばエジプトに伝わる鐵玉の場合、ニッケルを多く含むので原石は隕石なのではと推測されている。 だが気が付いて見れば地球上に鉄の原石は多い、人間が鉄を還元して利用するコトを知ったのは通説では BC 1900~1200 年の頃。 長い時を経て鉄の製法が中国に伝わったのは春秋時代の BC 700~400 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総半島とは:

 房総半島は関東の南東部から太平洋に突き出た面積 約 5000平方km 、最高地点 400m余、形造られたのは 300万年前の半島である。 半島と云えば世界ではアラビア半島やフロリダ半島などよく知られるが、日本では紀伊半島や伊豆半島などと並ぶ大きな半島である。 半島の特徴は三方を海など水で囲まれているコト、成因としては一帯の地殻変動によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語雑感

 秋の夜長に丸谷才一さんの一文、「考える為の道具としての日本語」 を詠む。 文芸評論家らしく 一捻りした表題だが、中身は明治初期から現代に至るまでの日本語の出来方から使われ方までを叙述した名文である。 更に、文筆家が文を書く時には必要に応じて幾つもの辞書類を使うとして、事例を挙げた 「兼ねる辞書」 という小文も付いている。 これを読むと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バロック音楽を愉しむ

 1600年に ベネティア共和国で初めてオペラが上演された、ヨーロッパは これを機にバロック音楽の時代へ突入する。 ... バロックとは、当初は大げさで仰々しく誇張され目立つものとして 稍々ネガティブな意味で捉えられていたが、結局はその侭 17世紀から18世紀半ばに掛けての芸術、とりわけ絵画、建築、音楽等の時代様式を表す言葉として定着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崩れる「城の石垣」

 2011年3月11日の東北地方太平洋地震 (M9.0) に続き 2016年4月14日 には熊本市周辺で震度7の直下型地震が発生、この地震で熊本城の石垣は 64ヵ所で崩壊。 熊本城の被災状況は何度も報道されてきたが、実はその前の 3.11 の地震時にも東北では多くの城で石垣が崩壊していた。 特に震源域に近かった福島県・宮城県での被害が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本美術 三つのキー

 戦後、日本美術の教科書と云われた本に辻惟雄著の 「日本美術の歴史」 (2005年) がある。 この本が出る前にも同じ著者による姉妹版 「奇跡の系譜」 (1970年) と、 「奇跡の図譜」 (1989年) が出版されている。 縄文から現代までの美術工芸を網羅した 「日本美術の歴史」 は、この二著を基にして書かれたもの。 ... 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた古墳

 過日、「しまね学講座」 で大久保徹也氏の講義 「出雲の大型墳丘墓の成立と展開」 を聴いた。 大要、AD150 年前後に成立した山陰~北陸と山陽の吉備にのみ出現した特異な 「四隅突出型の大型墳丘墓」 に関する話だった。 ... 山陰地方ではこの時代以前には地方豪族の墳墓は単純な方形タイプの墳墓だったが、この四隅突出タイプの方形墓が伝わる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝶が舞う・・・

 我が家の庭にも春にはモンシロ蝶が、夏の初めには大きなアゲハ蝶が飛んでくる。 この様に季節ごとに飛来する蝶を 「季節型の蝶」 と呼ぶ、 即ち 春・夏・秋... と季節ごとに色々な蝶が生まれては飛んで来る訳だ。 子供のころには昆虫と云えばトンボと蝶が双璧だったが、最初は直線的に飛ぶトンボに惹かれたものの、長じては色鮮やかで然も掴め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別府島原地溝帯

 最近 (2017年) は大分県内での地震活動が目立つ。 別府を中心に由布市、豊後大野市など各地で異変が起きている。 1975年 (S50年) の大分県中部地震以来 40年余を経過したが、昨年 (2016年) は熊本地震に連鎖するかの様に由布市付近でも地震による被害が出ている。 九州中部の熊本地震に始まり東方の阿蘇へ、大分の由布へ、別府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「伊勢物語」寸聞

 伊勢物語、... 今まで読んだコトも無いのに何故か先般 講演を聴く機会があった。 内容は、この本が後の時代の日本文学に与えた影響に就いてであったが、出来れば逆に この本の作者が他から どの様な影響を受けたのかが知りたかった。 ... 伊勢物語自体は今もって作者は不明で、しかも書かれた年代も書き終わった時期も良く分かっていない。 確証…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超高齢化の波

 私が子供の頃の もう何十年も前の話だが近所に当時としては珍しい 90才過ぎの老婆がいた。 日中は杖を突き周辺を散歩するほど元気な老人で 人と会えば愛想よく挨拶もしていた。 だがその老婆が、散歩の途中で近所の家に立ち寄ると決まってどこの家でも大人達は皆 居留守を使った。 当時は、近所の人が来れば縁側で茶を出して話のお相手をするのが普通だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪党?

 「悪党」 で検索すると角川文庫本の悪党や 劇団 ZA-KOENJI の悪党が出てくる。 遡れば 江戸時代には大盗賊を始め 悪代官、悪女、小悪党などと諸悪は山ほど有った。 だが、広辞苑の 「あくとう」 の項の ② には 悪党は 「中世語」 とあり、荘園内の反領主的荘民と特定している。 悪党の悪は儒教的な意味での悪ではなく、単に対峙した一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老化と寿命

 ... 「人生50年の究り、それさえ我には余りたるに、ましてや浮世の月 見過ごしにけり 末2年 」、これは江戸時代に 52才で逝った 井原西鶴の辞世の言葉である。 江戸時代を通じて 「人生50年」 は一般の人々にも手の届くところにあったが、実際の平均寿命は 45才だった。 ... 時代ごとの日本人の推定平均寿命は、縄文時代後期で 31…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の壁土

 17年4月の初め、 NHKのドキュメンタリー番組 「京壁~雅な土」 を見て 京都では 「聚楽土」 が高級な壁土であるコトを初めて知った。 聚楽土の特徴は黄褐色で粘性が強く きめ細かい上質の土で、京の旧家や茶室、床の間の壁の上塗りに使われている。 商品名の聚楽は、秀吉時代に築かれた京都の 「聚楽第」 周辺で採掘される壁土に由来し、出土範…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夏は来ぬ」

 2017 年の 5月 5日は立夏、この日を境に暦の上では夏になる、また 立夏は立春と夏至の中間の日でもある。 夏を称して 「九夏」 或いは「三夏」 とも云うが、九夏は暑い夏の 3ヵ月間の 90 日を云い、三夏は初夏・仲夏・季夏の三つを指す。 今年の立夏は 5月5日だったが、年によって立夏の日は異なる。 5月と云えば端午の節句だが、端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語と国語

 日本の学校の授業には国語や英語の科目は有るが日本語という科目は無い。 20世紀の終わりの頃に国語に替えて日本語と云う名の科目を設置した公立の学校があったが、結局は上から睨まれたのだろう 今は無い。 ならば国語と日本語はどこが違うのか。 ... 国語とは National Language で一国を代表する言語のコト、我が国では日本語が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遣隋使の謎

 何日か前の朝日新聞 「文化の扉」 欄に遣隋使派遣時期の齟齬についての記事が載っていた。 この違いは以前から専門家の間では議論されてきたもので、6~7 世紀に記録された日本側の遣隋使派遣の記事と受け入れた側の隋の記録が異なると云うもの。 第 1回の遣隋使派遣の時期は、日本側は 607 年 だが受け入れた側の隋では 600 年になっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地底の不思議

 最近、世界で八つ目の大陸が確認された、それは海底 1000~1500m に水没している大陸 「ジーランディア」 である。 間もなく国際プロジェクトによる本格的調査が始まる。 地球の誕生以来、地上では大陸の離合集散が繰り返された。 今回調査されるジーランディア大陸は、1億1千万年前にゴンドワナ大陸から分かれ 8500万年前に南極大陸やオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶と弁才天の話

 冬晴れの一日、東京上野の東照宮境内で薩摩琵琶の演奏を聴く。 参拝客や外人観光客がカメラを手に行きかう道の直ぐ脇の会場では、敦盛や黒田節....、が演奏されていた。 私にとっては、最後の琵琶法師と云われた山鹿良之さんの 「俊徳丸」 を C D で聴いて以来の琵琶の音であった。 弦をはじいて音を出す琵琶の音色は独特の澄んだ響きと余韻が何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more