南会津の山々

 木賊(とくさ)温泉、最初は読み方が分からなかった。 何年か前の夏、南会津 (旧舘岩村)の旧鉱山巡りの後、皆で西根川沿いの木賊の露天風呂を目指した...が小屋がない..? 何と、その年の大雨による増水で入浴小屋は激流に持って行かれてしまったと云う...。歴史の古い木賊温泉だが...、単純硫黄泉である。

 ここ旧舘岩村には、幾つかの鉱山跡がある。 その中で鉱物マニアによく知られているのが蛍鉱山跡...。 東北自動車道の..塩原IC より100分、西根川沿いの県道を木賊温泉方面に向い小高林で下車、標識は無いが徒歩で右側の山道に分け入ると、上り40分ほどで左側に旧蛍鉱山の大きな坑口が見えてくる。 (他の沢も含めて複数の坑口跡がある) 沢の周辺には針水晶や石英の塊が散在するが、小さなハンマーでは容易に砕けない。 それに針水晶は素手で触れると怪我をする。 坑道口は大きいが、突然 熊でも飛び出してきそうな深い穴で 雨宿りには危険を感じた。 仕方なく、昼食は降る雨のなか座る場所も無いので各自夫々に 開いた傘を木の枝に引っ掛けて、その下で立ったままで握り飯を食べた。画像

 この旧蛍鉱山の、花崗岩の岩脈から産出した鉱産物は蛍石・石英等であり、昭和の開業以降の蛍石の産出量は 700t、品位は95% だったと聞く。 蛍石 (Fluorite) の名前の由来は、火中に投ずると燐光を発するからであり、他に紫外線を当てると発光する性質もある。 明治初期に編纂された 「本邦金石塁誌」には、当時の蛍石の産地として、豊後大野郡木浦鉱山、能登羽咋郡宝達山、但馬生野鉱山、伊勢員弁郡石榑村が載っている。 蛍石 (フッ化カルシウム) はハロゲン化鉱物に属し、フッ化水素酸に加工してハイテク商品のリチウム電池や光学材料、医薬品に使われている。 中国、メキシコが世界の主産国だが、近年 各国は希少鉱物として輸出制限を強化しており、国際価格も高騰傾向にある。 日本の輸入量は年間 約50万t、最近の国際相場は約@1.5万円前後である。

 次に、真米 (まごめ)鉱山跡の大きなズリ (捨石場) を目指した...。 先ずは目前の鱒沢川を渡ることから始まる。 この日の浅い場所の川幅は12mほど、普段なら皆の共同作業で対岸まで石を順次投げ込んでいき 川越えをするのだが、水が膝上まであり今回は断念、あとは渡渉 (歩いて渡る)するしかなかった。 潅木の林を抜けると大きなズリ山が目の前に現れる。 幕末に会津藩が砲弾の材料(鉛) を採る為に開発したのが始まりと云うが、昭和40年代には衰退して閉山した。 ズリの量を見ても長期間操業していた様子が窺える。 この鉱山は熱水交代型の鉱床で、採掘品は主に鉛・銀・亜鉛だったと云う。 ここのズリも愛好者間ではよく知られている鉱物採集地で、学校・博物館を始めグループでの訪問も多い、既に閉山から半世紀を経た今、ズリの表層で良い鉱物を発見できる可能性は少なくなった。

 翌日は晴れ、湯ノ岐川沿いに県道を南下して、湯の花温泉の先を右に入り木賊方面への山越えの道を進む。 峠の手前で下車、徒歩で左側の山に分け入り 15分ほど上ると舘岩鉱山跡に着く。 低木が生い茂り夏季には全体像を把握し難いズリだが、ここでは表面を軽く削っただけで二次鉱物の緑色の孔雀石や青鉛鉱が直ぐに見つかった。 この鉱山は、所謂 鉱脈タイプの鉱床で、最盛期には金・銀・銅を採掘していたと云う。 ここでは、他にも 黄鉄鉱や閃亜鉛鉱を採集した、鉱物は持ち帰らずに替わりに写真を撮ったのみ...。 このズリでは随所で大型のスズメ蜂に遭遇、低空を不気味に徘徊していて危険だった。 攻撃性の強い蜂なので要注意、山では黒系の服装・半袖などは極力避けた方がよい。

 この南会津の地塊には、白亜紀に花崗岩の貫入があり、地殻は変動し地表は褶曲した...とは云っても、これは日本列島が未だアジア大陸の縁辺部に有った時代に起きた出来事...? 下って新第三紀 (2500万年前)の時代には当地でもグリーンタフの活動が始まり激しい火成活動が繰り広げられた。 大胆に云えば...、当地が現在の緯度に定着したのは略1500万年前のコト、海退と海進の繰り返しの後、隆起して漸く陸化したのが 900万年前だった。 この地学的事件の結果、形成された東北各地の鉱床が現在、有用な鉱産物として役に立っている。 堀秀道氏は自らの著書の中で、鉱物採集の醍醐味について ロシアの鉱物学者フェルスマンの... 「鉱物採集とは注意力・観察力・頑強さを要求する一種独特の魅力あるスポーツである」 と云う言葉を引用している、正にその通りと思う。

参考書 :
田賀井篤平編   和田鉱物標本   東京大学総合研究博物館
堀秀道   宮沢賢治はなぜ石が好きになったのか  どうぶつ社

写真 : 雨に濡れる旧真米鉱山のズリ場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのトラックバック